タイムトラベル―「時間」の歴史を物語る

個数:

タイムトラベル―「時間」の歴史を物語る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月20日 09時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 445p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784760149858
  • NDC分類 112
  • Cコード C0090

内容説明

1895年、その1冊がすべてを変えた。―時間とは何か?古今の物語&偉人を総動員して今、挑む。

目次

タイムマシン
世紀末
哲学者とパルプマガジン
古の光
時の門
時間の矢
川、道、迷宮
永遠
時を埋める
時をさかのぼる
パラドックス
時間とは何か
唯一の船
現在とは何か

著者等紹介

グリック,ジェイムズ[グリック,ジェイムズ] [Gleick,James]
1954年、ニューヨーク生まれ。『カオス―新しい科学をつくる』(新潮社)『ニュートンの海―万物の心理を求めて』(NHK出版)がピューリッツァー賞の最終候補作に、『ファインマンさんの愉快な人生』(岩波書店)が全米図書賞の最終候補作になる。『インフォメーション―情報技術の人類史』(新潮社)はニューヨークタイムズのベストセラーに選出された

夏目大[ナツメダイ]
翻訳家。訳書に『ゴビ 僕と125キロを走った、奇跡の犬』『6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む』(いずれもハーパーコリンズジャパン)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こーた

193
時間とは何か。この本を読めば、それがよくわかる。どうわかるのか。いざ説明しようとすると、途端にわからなくなる。時間とはそういうものである。そんな時間のとらえどころのなさを、そのまま本にしたようなはなしである。ウェルズ『タイムマシン』にアインシュタイン、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からミンコフスキー空間まで。科学と空想の世界をいったりきたり。人類はどのように時間と付き合い、また過ごしてきたのか。わかったようで、わからない。でもこのうえなく愉しい。さあ時間を忘れてゆっくりと、時間の旅へ出かけよう。2019/03/04

へくとぱすかる

56
5日かかって読了。H・G・ウェルズのアイディアが、いかに独創的であったかは、想像をはるかに上回る。大昔の人々は、現代人のように未来への期待をもたず、記録を濃密に残せる時代になって、初めてそういう志向が生まれたという。タイムトラベルという発想も、やはり時代の産物なのであった。SFとその周辺の文学的な詳説に、哲学・科学のエッセンスを理解しやすく取りまぜた本なので、長時間味わえる価値ある1冊。2018/11/24

Ayumi Katayama

23
挫折。「第八章 永遠」まで。時間に関するあれやこれや。物理学、SF、哲学、神学、詩などなど、誰が何を言ったのかを残らず拾ってきたのかという感じである。物理学的にはほとんど知っていることで、それ以外には興味をそそられない。「永遠」までを読んだのだかここでとどめを刺されたようなものだ。永遠とは「終わりがわからないほど長いこと」なのか。「終わりがないこと」なのか。あるいは「時間に外側があるのか」「神は時間の外側にいるのか」。そういうことはもう、どうでもいいかな。科学的でないのならあまり興味を惹かれないわけで。2020/12/04

y_nagaura

8
400頁以上の大ボリューム。得られるものは「時間」に関する雑学のみ。しかし、何とも豊かな時間でした。 時間とは何であろうか。誰も私に問わなければ、私はそれを知っている。だが、誰か問う人がいて、その人に説明をしようとした時には、私はそれを知らない。(アウグスティヌス)2021/03/28

medihen

8
「時間とは何か」「タイムトラベルは可能か」。中二・高二・大二、と各年代で仲間と語りあった興奮をいつしか忘れていた。物理学、哲学、文学を渉猟して、その興奮をおじさんの魂に思い出させる力作。SF作家・SF作品への言及が楽しい(ル=グウィンとPKDが同じ高校の同級生という話にびっくり。見たらWikipediaにも書いてあった)。なんだかクラークに冷たくてハインライン推しらしいのが不思議。2019/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13107182
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。