映画教育/活映 〈第1期〉 (復刻版)

個数:

映画教育/活映 〈第1期〉 (復刻版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B5判/ページ数 9冊/高さ 27cm
  • 商品コード 9784760143610
  • NDC分類 375.19
  • Cコード C3374

出版社内容情報

戦前日本を代表する総合メディア企業・大阪毎日新聞社が主導した「ポスト活字」運動の軌跡を記録した雑誌『映画教育』( 一時期『活映』と改称)全183 号(1928 ~ 19 43)を全4期で完全復刻!

本資料集の特長
(1)メディア史のなかのSF的想像力(センス・オブ・ワンダー)の遺産としての、20世紀のポスト活字論
(2)豊かな活映人脈をベースにした多彩な寄稿者(別掲参照)
(3)映写機の普及状況、文部省の映画政策、各学校・各都道府県の映画教育実施状況、その他数字データも多数収録、教育改革の生きた資料として参照可能
(4)プロパガンダ映画の代表作『非常時日本』の謎ときとなり、戦時期メディアとプロパガンダ研究に一石を投じる
(5)プレ満州映画協会(満映)時代に光を当て、満州映画史の空白を埋める
(6)豊富なデータに裏付けられた巡回映写運動の基礎的資料。戦後視聴覚教育運動への架け橋ともなる
(7)映画史研究者のみならず、ラジオ、テレビ、視聴覚教育など、比較メディアの観点から様々なメディア研究者が利用可能。学部生の卒業論文にも使える内容