KASHIWA CLASSICS<br> ホロコーストを学びたい人のために (新装版)

個数:

KASHIWA CLASSICS
ホロコーストを学びたい人のために (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 23時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784760140930
  • NDC分類 234.074
  • Cコード C0022

内容説明

加害者と被害者の両方の視点から見た“未曾有の惨事”。ホロコーストの全体像を簡潔に把握できる入門書。

目次

朝食付きの討議―一九四二年一月二〇日のヴァンゼー会議
ドイツ系ユダヤ人とナチズム―自己理解と脅威
ドイツにおけるユダヤ人の排斥と差別(一九三三~一九三九年)
ユダヤ人の亡命(一九三三~一九四一年)
アーリア化とユダヤの星―ドイツ系ユダヤ人の公民権完全剥奪(一九三九~一九四一年)
東部占領地域のゲットー―「ユダヤ人問題の最終解決」の開始
反ユダヤ主義から大量虐殺へ―最終解決の創世紀
東部での大虐殺―占領地域における「行動部隊」とその他の殺人部隊(一九四一、一九四二年)
ドイツからのユダヤ人の移送
テレージエンシュタット
その他の大量虐殺―シンティとロマの迫害
絶滅収容所における大量虐殺の工業化(一九四二~一九四四年)

著者等紹介

ベンツ,ヴォルフガング[ベンツ,ヴォルフガング][Benz,Wolfgang]
1941年生まれ。フランクフルト・アム・マイン、キール、ミュンヘンの各大学で歴史、政治学、美術史を学ぶ。1969年から1990年までミュンヘンの現代史研究所の共同研究員。この間多数の叢書の編集に関わる。『ダッハウ・ノート』の共同創刊者で共同編集者。1990年以降ベルリン工科大学教授。1990年から2011年まで同大学反ユダヤ主義研究センター長。1992年にショル兄妹賞を受ける。亡命研究学会会長。『歴史学』誌の共同編集者

中村浩平[ナカムラコウヘイ]
神奈川大学名誉教授

中村仁[ナカムラジン]
慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。関東学院大学など非常勤講師。専攻はホロコーストの文学や歴史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みねたか@

35
ナチスによるホロコーストの記録。200頁の中に詰め込まれた圧倒的な情報量。1938年11月の大虐殺から1942年以降の強制収容所移送に至る歴史,大量殺戮の工業化過程,ドイツ国内,東部地域はもちろんバルト三国も射程とし,シンティ・ロマの虐殺,対独協力者の汚名を着たゲットーの長老への言及など,従来の研究成果を幅広に拾い上げている。平易で感情を排した叙述から浮かび上がる不気味さ。なぜ?なんのために?という問に安易な回答はない。轍を踏まないようにするには,愚直に研究を重ねる他ないという強い決意を感じる。2020/12/14

有沢翔治@文芸同人誌配布中

8
 ナチス・ドイツはどのようにユダヤ人の大虐殺に至ったのか。歴史的な経過をたどりながら、ホロコーストに至る過程を俯瞰する。最初はマダガスカルやニューギニアにゲットーを築く予定だった。それが公然と処刑されるようになっていく。保養施設だと偽ってテレージエンシュタットへ送られ……。http://blog.livedoor.jp/shoji_arisawa/archives/51511722.html2020/03/30

Sakana

2
入門書ならびに教科書として使えそうな一冊。簡潔かつ幅広く扱っているので、ナチとかホロコーストについて概観したい人にはいいかも。ただ難点を言うならば、訳が悪い。少し読みにくいところがあったかな。2015/10/20

 

0
ホロコーストについて、簡潔に述べている本です。その始まり(この頃はまだ絶滅ではなく移住だったんですね)から、水晶の夜、ニュルンベルク諸法、ゲットーへの隔離、輸送、ついで絶滅というように、歴史の流れを追っていきます。分かりやすいですが、ポイントは抑えられているように思います。ホロコーストに関しては、他に「夜と霧」などが有名ですが、この本は史実に基づいた叙述に近いです。この辺り、原著者が歴史家であるのもあるのでしょう。官僚組織が、一つの狂った目標を完璧にこなしていく雰囲気を察します。少し読解力が必要かも。2016/08/15

Arte

0
教科書的だが、とにかく短い(わずか176ページ)のに、ナチの機構や作戦の説明から市民の証言まで入っていて、しかもドイツ人が書いているという凄い本。近くでユダヤ人が殺されてるみたいだから、墓穴見に行ったら、身分証明書や写真が落ちていたというのがイヤ過ぎる。大学の講義とかで使うのかな。 2023/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4773026
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。