社会契約論がなぜ大事か知っていますか

個数:

社会契約論がなぜ大事か知っていますか

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時03分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 257p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760139798
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C3031

内容説明

国民であることはどういうことか?国民国家とは何なのか?憲法の本当の意味とは?その答えはジョン・ロックまで遡る必要がある。国民の権利をもう一度考えるために―。

目次

第1章 なぜいま、社会契約論なのか(オバマ大統領の強さと弱さを問う;菅直人首相の「国会内閣制」論の問題を探る;「イラク訴訟:名古屋高裁判決に社会契約論の活用を見る)
第2章 社会契約理論の創造現場に立ち会う(ロックの生涯とその時代;医学研究と三冊の代表作;『統治論』が取り組んだ課題を把握する)
第3章 社会契約を使いこなす技術を習得する(「ロック史観」で絶対王政擁護論の矛盾を解明する;「社会契約をする」とは何を行うことなのか)
第4章 社会契約論の実践を検証する(『統治論』を実践論として理解する;社会契約の実践としての名誉革命)
附論 社会契約論小史(「ホッブズ問題」とロックにおける社会契約と蓋然性論;スミスにおける社会契約論の進化;マルクス(1)―工場法と普通選挙権
マルクス(2)―コミュニズムにおける社会契約論の止揚の試み
二〇世紀―ラスキとパーソンズ)

著者等紹介

伊藤宏之[イトウヒロユキ]
1945年、愛知県生まれ。現在、福島大学特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

9
ロック社会契約論の解説から、20世紀におけるパーソンズ等の社会契約論の諸相を見る。「パーソンズは…経済、政治、人種などの不平等の問題にとりわけ注目します。それらの不平等を見れば、スミスのいう利害の自然的不一致は認められないし…不平等を搾取に基づく「和解しがたい階級対立」として階級闘争に解決を求めるマルクスにも同調しえない、とパーソンズはいう…労使間の対立は、古くはホッブズが提起した「秩序の問題」であって、労使双方に共通の人権という価値を「制度化・内面化」すること、すなわち「権威的配分」によってのみ可能」2021/05/23

壱萬弐仟縁

8
新刊棚より。市場原理主義は官僚主導の消極版(37頁)。ロックの国家共同体論(168頁)。自然状態→政治社会→統治機構とボトムアップの図式。社会契約の括りは、統治契約と原契約。前者は保障、信託とつながる。また、後者は、移行とつながる。人権保障しない代表は交代しなければならない(183頁)とも書いてある。最高執行権者の信託背反(186頁)。日本国憲法にも前文に、信託、トラストが書いてある。これを国民から失うとか、国民を裏切るとか、いうことになると、為政者は権力の座から去るべし。A.スミスの同感も(220頁)。2013/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3313743
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。