ゼロからわかる核密約

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 167p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760138043
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0031

目次

太平洋戦争の戦後
アメリカの情報公開制度
なぜ、いまになって「密約」が問題となっているのか
第一の密約―核兵器の寄港・通過
第二の密約―朝鮮半島有事
第三の密約―沖縄への核再持ち込み
第四の密約―コストの肩代り
さらなる密約(1)―統合司令部の指揮権
さらなる密約(2)―優先的裁判権の放棄
国際政治にみる密約

著者等紹介

石井修[イシイオサム]
1962年、東京大学経済学部卒業。東京銀行勤務。1977年、ラトガース大学(米国)歴史学部博士課程修了(Ph.D.取得)。広島大学法学部教授、オーストラリア国立大学、プリンストン大学、テキサス大学、ハワイ大学の各客員研究員、一橋大学法学部教授、明治学院大学法学部教授、帝京大学法学部教授などを経て、一橋大学名誉教授。日本国際政治学会名誉理事。明治学院大学法学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。