絵で見る明治・大正礼儀作法事典

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 334p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784760132454
  • NDC分類 385.9
  • Cコード C3521

内容説明

近代日本の教育や文化、道徳の礎となった礼儀作法の実例を、明治・大正から昭和戦前期までに刊行された礼法書の挿絵2000点で読み解く。時代の変化も読み取れる画期的なビジュアル事典。

目次

第1章 公衆の礼法
第2章 日常の礼法
第3章 訪問などの礼法
第4章 授受の礼法
第5章 食事の礼法
第6章 茶や花などに関する礼法
第7章 その他の礼法

著者等紹介

綿抜豊昭[ワタヌキトヨアキ]
1958年生まれ。筑波大学大学院教授。専門は国文学

陶智子[スエトモコ]
1960年生まれ。富山短期大学准教授。専門は近世女性礼法、化粧文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。