大島青松園で生きたハンセン病回復者の人生の語り―深くふかく目を瞑るなり、本当に吾らが見るべきものを見るため

個数:

大島青松園で生きたハンセン病回復者の人生の語り―深くふかく目を瞑るなり、本当に吾らが見るべきものを見るため

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月04日 03時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 555p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759920994
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0036

内容説明

次世代を担う子ども達や若者にハンセン病を語り継ぐ。差別や偏見を生む病いに苦しむ人々を、社会はどのようにケアするのか。医療倫理はどうあるべきか。瀬戸内の孤島(大島)で、極限を生きてきた17名のハンセン病回復者の人生の語りを聴き、過酷な人生を賭して得た「英知」と「負の歴史」を学ぶ教訓の書。

目次

プロジェクトの意義
ハンセン病回復者 大島辰夫の語り
ハンセン病回復者 山本隆久の語り
ハンセン病回復者 坂田ヒデ子の語り
ハンセン病回復者 川口春子の語り
ハンセン病回復者 K.Y.の語り
ハンセン病回復者 川上明広の語り
ハンセン病回復者 森川重信の語り
ハンセン病回復者 田村喜代江の語り
ハンセン病回復者 大智慶巳の語り〔ほか〕

著者等紹介

近藤真紀子[コンドウマキコ]
岡山大学大学院保健学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海星梨

1
よ、ようやく読み終わった……。厚さやらには抵抗はなかったものの、新しい本の上にそこそこ上質な紙にインクのため、目が痛くなってきてつらかった。読んでる途中からも感じてたけれど、聴き手の看護師さんのなかに「本当に残酷で衝動的なことは録音機を止めた後に語ってくれた」と書いてらして、あぁ、やっぱり、と。それは収録されているお話でもトラウマなんかを振り切って話されたことと思う。2016/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9985824

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。