教授学と方法学の科学史的‐発生的研究

個数:

教授学と方法学の科学史的‐発生的研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月29日 20時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 363p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759917017
  • NDC分類 371.2
  • Cコード C3037

目次

教育学‐教授学‐方法学の科学史的‐発生的解明
第1部 初期ブルジョアパラダイムの予備的諸認識と諸構成(初期ブルジョアパラダイムの概要;古代哲学の周辺における主要な教育学的‐教授学的出発体系の成立;キリスト教とスコラ哲学の教育学的思考への規制と豊富化;ディダクティカと全教示と汎教育―ラトケとコメニウス)
第2部 高度ブルジョアパラダイムの選択された歴史的現象(一八世紀と一九世紀前半の教育学と教授学の高度ブルジョアパラダイムの諸代表;ルソーの真実の発見としての学習;トラップの『教育学の試み』と彼の教授学的内容;ペスタロッチのエレメンタールな方法の高い理念)
第3部 課題としてのブルジョア教授学の遺産(古代から近代までの教授学と方法学の一つの集約と分析;教育学理論の遺産の三元性的分析と検討;教育諸科学の科学発展の諸問題)
結びにかえて

著者等紹介

歡喜隆司[カンギリュウシ]
1928年山口県岩国市生れ。1953年広島文理科大学教育学科卒業。現在、大阪教育大学名誉教授、東北師範大学客座教授。文学博士(大阪市立大学)。1976‐77年文部省在外研究長期フンボルト大学、ベルリン自由大学。1982年文部省在外研究短期ライプチヒ大学。学習活動研究会主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。