金魚いろ×かたち謎解き図鑑―どうしてデメキンやランチュウみたいになるの?

個数:

金魚いろ×かたち謎解き図鑑―どうしてデメキンやランチュウみたいになるの?

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年08月15日 04時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 116p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759823301
  • NDC分類 487.67
  • Cコード C1045

出版社内容情報

金魚すくいやペットショップなどでおなじみの金魚は、さまざまな色や形をしており、私たちを楽しませてくれる。金魚は、突然変異で生じた赤いフナから、中国でつくりだされたもので、1つだけの種である。それなのに、目が飛び出たもの、頬が膨らんだもの、尾が2つに分かれたもの、体が短くて丸いもの、頭にでっぱりがあるものなど、どうしてこんなに多様なのだろう。その秘密は、遺伝のしくみにある。本書は、金魚の色や形がどんなパーツの組み合わせでできているか、その変化をもたらす遺伝子はどうなっているのかを理解できるサイエンス図鑑である。これまでの金魚本とはひと味違うマニアックな金魚の不思議な世界を堪能し、金魚の魅力をより深く味わってみませんか。

内容説明

まったく違う金魚に見えても、その変化にはパターンがあります!第1部 金魚の形と色が決まるしくみ―金魚のさまざまな特徴を「パーツ」に分け、その特徴を生み出す遺伝のしくみを解説。第2部 金魚のいろいろな品種―金魚の44品種の美しい写真とともに、成り立ち、パーツの組み合わせ、遺伝子などを紹介。第3部 金魚と遺伝についてもっと知りたい―金魚の多彩さを生み出す「全ゲノム重複」をはじめ、金魚の遺伝などのより深い知識を説明。

目次

第1部 入門編―金魚の形と色が決まるしくみ(金魚の体;さまざまな金魚を生みだす4つのパーツ;体型のバリエーション ほか)
第2部 写真集編―金魚のいろいろな品種(和金型;琉金型;オランダ型 ほか)
第3部 基礎知識編―金魚と遺伝についてもっと知りたい(金魚の変異と品種の歴史;遺伝についての基礎知識;金魚の多様性と全ゲノム重複 ほか)

著者等紹介

大森義裕[オオモリヨシヒロ]
1971年広島県生まれ。京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻修士課程修了。東京大学医学研究科医学博士。ハーバード大学医学部(マサチューセッツ眼科耳鼻科病院)博士研究員、財団法人大阪バイオサイエンス研究所副部長、大阪大学蛋白質研究所准教授(理学研究科兼任)を経て、現在、長浜バイオ大学フロンティアバイオサイエンス学科教授。専門は、ゲノム科学、発生遺伝学、神経科学。2019年に、キンギョの全ゲノム配列の解読に世界で初めて成功した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

spatz

10
美しい金魚の写真を楽しむだけではなく、本書の最大の特徴は、金魚の全ゲノム配列の解析に世界で初めて成功したという研究者の専門家によってわかりやすく書かれたということ。体型、頭部、尾ビレ、体色、という大きな四つの特徴の組み合わせで金魚の特徴を説明できること、樹形図や、歴史にも触れられている。 特に、遺伝子レベルの解析によって、金魚の謎に迫る。 その中でも、まだわかっていない、ということがたくさんあることにも気付かされる。生命の神秘。 #NetGalleyJP2022/08/12

遠い日

6
長らく金魚を飼いました。大きくなって馴れてかわいかった。そんな懐かしさで手にしました。体型、頭部、尾ビレ、体色の4つの要素の遺伝子の組み合わせで金魚の品種とそのバリエーションを写真で紹介。研究書でありながら写真集としても楽しめます。赤い和金がいちばん好きですが、頂天眼も愛嬌がある。見ていくとイエロー和金が登場。スピッツのアルバム『醒めない』の中の「コメット」(なんとコメットという種類の金魚もある!)という曲に「黄色い金魚」ということばがあるのを思い出します。金魚愛に溢れた図鑑です。2022/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19889935

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。