植物バイオテクノロジーでめざすSDGs―変わる私たちの食と薬

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

植物バイオテクノロジーでめざすSDGs―変わる私たちの食と薬

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月24日 05時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 170p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784759820867
  • NDC分類 615.21
  • Cコード C1045

出版社内容情報

SDGsの理念に沿った植物バイオテクノロジーにより生産されている,環境負荷の軽減や生物資源の保護または健康維持等につながる食品や医薬品を紹介する.おもに国内で実用化されている開発事例,または実用化に近い研究開発事例を取り上げているが,特筆すべき国外の事例も紹介する.

内容説明

2030年の達成をめざす17のSDGs(持続可能な開発目標)が国連で採択されました。現在、SDGsに向けたさまざまな取組みが行われており、植物バイオテクノロジーの分野でも実用化に向けた研究・開発が進められています。本書では、私たちの暮らしや健康、地球環境の改善に関わる研究・開発を、食品と医薬品を例に紹介します。専門家が語る植物バイオテクノロジーの実状を感じとれるでしょう。

目次

はじめに―SDGs時代の植物バイオテクノロジー
イントロダクション
食品編
医薬品編
社会編
おわりに―SDGsに貢献する植物バイオテクノロジー

著者等紹介

小泉望[コイズミノゾム]
1993年、京都大学大学院農学研究科、博士(農学)。現在、大阪公立大学大学院農学研究科応用生物科学専攻教授。研究テーマは、植物分子生物学、植物分子育種学、食のリスクコミュニケーション

加藤晃[カトウコウ]
1994年、大阪大学大学院工学研究科、博士(工学)。現在、奈良先端科学技術大学院大学デジタルグリーンイノベーションセンター教授。研究テーマは、導入遺伝子の高発現化技術の開発、遺伝子発現による表現型制御機構の解明、遺伝子発現による植物の環境適応機構の解明(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

030314

1
京都大学院、大阪大学院の研究者らが一般向けに書いたバイオの内容。コロナワクチンも日本人が(カナダで)作っていたんだなあ、と知る。日本の最先端の技術が分かり易く説明されていて、おもしろかった。バイオテクについては、賛否両論。激しく拒否する一派もいる。両方の解説を読んで、自分として何を基準としていくか考えるのが良い。その上での材料になった。2023/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20235352
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。