13歳からの研究倫理―知っておこう!科学の世界のルール

個数:

13歳からの研究倫理―知っておこう!科学の世界のルール

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759819670
  • NDC分類 407
  • Cコード C1040

出版社内容情報

中学生・高校生に知っておいてほしい科学研究の基本的な心がまえをまとめた初めての本.2022年の学習指導要領改訂で高校に新設科目「理数探究」ができ,大学入学前に研究に触れる人が圧倒的に多くなる.しかし,現状は,成果が出さえすればよいという雰囲気も強く,研究倫理的なさまざまな問題が生じている.本書は,中学生を主人公にした対話とケーススタディを中心にして親しみやすく研究倫理の基本をまとめているので,中高生が自分で読んで理解できるようになっている.教員が指導に役立てることもできる.

序章 ルールを守って,楽しく研究

第1章 目的があればがんばれる

第2章 研究はこんなふうに進めます

第3章 【ケーススタディ】こんなことしていませんか?どうしてだめなの?

第4章 【シミュレーション】あなたならどうする

第5章 研究者への道

大橋 淳史[オオハシ アツシ]
著・文・その他

内容説明

科学するときに守らなければいけない「ルール」があるって知ってますか?中学生・高校生に向けた初めての研究ルールガイド。

目次

序章 ルールを守って楽しく研究!
第1章 なんといっても目的が大事です!
第2章 研究はこんなふうに進めます
第3章 ケーススタディ どうしてだめなの?
第4章 シミュレーション あなたならどうする?
第5章 研究者への道

著者等紹介

大橋淳史[オオハシアツシ]
愛媛大学教育学部理科教育講座(化学)准教授。1971年東京都生まれ。2001年千葉大学大学院自然科学研究科修了。慶應義塾大学文学部化学教室助教などを経て2009年より現職。ジュニアドクター育成塾(愛媛大学)実施中。博士(理学)。専門:科学教育、化学教育(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tellme0112

10
これは、意外と側に置いておきたい本になった。科学的に考えてみたいとき目標見失ったとき。この本ともっと早く出会いたかった。誰も教えてくれなかった大切なこと。(大学、よくあれで卒業できたな、私。。。。)まあ、こういう基本的な研究ってどうやるの?ってところを抑えていたらトンデモな広告やネットの記事に飛びついたり熱中したりしなくなる、かな??2021/03/21

白義

9
どんな斬新で世界を覆すような仮説も、実験結果も、たった一人にしか確認できないんじゃただの妄想だ。ありとあらゆる検証と追試によって初めて科学の世界の新しい事実になる。そんな新しい事実を確定させるための研究倫理の作法と精神をわかりやすく教えてくれる一冊。生命倫理に関わることから捏造や盗用というわかりやすい話題に、引用の際のマナーや研究ノートの付け方まで具体的かつ本質的。豊富なケーススタディに、登場人物の会話が割とこなれているので入ってきやすいのも長所。研究倫理入門書というのは意外と少ないがこれは間違いなく良書2018/11/15

リラコ

5
理系の研究に関する倫理を、中高生を対象にわかりやすく会話形式で、ケーススタディとともに一緒に考えながら理解していく一冊。 え?それって人として当たり前のことよね?レベルから、その倫理を守るために例えば実験ノートの付け方、学会でのカメラ使用、SNSの投稿など身近だが本質的な事も書かれていて、そのあたりは研究発表という意味では文系でも同じだと思いながら読んだ。一番興味を惹かれたのは、動物実験の生命倫理の部分。これについては他の本でも詳しく知りたいと思った。2018/08/02

まさきち

2
研究とは?という話を,自由研究を題材にわかりやすく,説明してくれている.ほぼ対話形式なので,内容もわかりやすく,ケーススタディやシミュレーションも充実.とてもいい本. だから,ひとつだけ言わせてほしい. セリフと地の文が区別できなくてわかりにくすぎる.どこまでがセリフかわからず読みにくい.そこだけは改訂のときによろしくお願いします.2019/01/04

tall_hemlock

1
読みやすい。多分その年頃の子にもしっかりわかるだろうと思う。もちろん全然まったく13歳ではない私ですが、小中学生の頃の自由研究とか部活とか(科学部)を振り返ると、人の道には外れないものの研究目的とか全然ない感じの実験ばっかりだったな…と反省しきり。これは是非小中学生にも読んで欲しい。2018/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12973294

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。