世界史を変えた「明治の奇跡」―インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦

個数:

世界史を変えた「明治の奇跡」―インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月20日 14時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784759315554
  • NDC分類 391.6
  • Cコード C0095

内容説明

張り巡らされるスパイ網、発揮された智謀―。日清・日露戦争大勝利の背景には、川上操六の指導力があった!今、明らかになる明治人の国を護る思い。

目次

開化する日本、閉じていく朝鮮
東アジアに忍び寄る列強
川上操六、日本陸軍の建設を担う
川上の派閥退治と人材登用
モルトケ参謀総長に弟子入り
福島安正の単騎シベリア偵察旅行
清国を調べ上げた荒尾精
日清間で燻る争いの火種
朝鮮独立に奔走した福沢諭吉
川上の参謀本部大改革と戦力分析
日清戦争の発火点となった金玉均暗殺事件
日清開戦前夜―川上の「熟慮、断行」
日清戦争勃発―日本を優位にした川上のインテリジェンス
勝利を呼び込んだ川上の「ワンボイス」体制
三国干渉によって迫られた戦略の立て直し
対ロシア戦を見越した川上の動き
シベリアに送り込まれた「日本の007:花田仲之助」
川上の急死とインテリジェンス網の崩壊
川上の育てた「チーム参謀本部」

著者紹介

前坂俊之[マエサカトシユキ]
1943年、岡山県生まれ。静岡県立大学国際関係学部名誉教授。ジャーナリスト。評論家。毎日新聞社在職中、冤罪事件「八海事件」を取材し、正木ひろし弁護士の知遇を得る。冤罪・死刑問題、戦争とジャーナリズム、人物論など、近現代史全般に詳しい(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)