知っていますか?死刑と人権一問一答

個数:

知っていますか?死刑と人権一問一答

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月21日 06時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 99p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759282269
  • NDC分類 326.41
  • Cコード C0036

内容説明

本書では、アムネスティ・インターナショナルがこれまでに受けた死刑に関する多くの疑問や質問のなかからいくつかを選んで、それに答えるという形で、なぜ死刑に反対しているかを述べています。

目次

人を殺したのだから、死刑になっても仕方ないのではないでしょうか?
死刑制度は私たちの社会を守るために、やはり必要なのではないでしょうか?
日本には死刑廃止に賛成する人がどれくらいいるのですか?
死刑がなくなると、凶悪犯罪が増えるのではないでしょうか?
被害者遺族の気持ちを考えると、死刑は絶対に必要なのではないでしょうか?
死刑は「残虐な刑罰」なのでしょうか?
誤った死刑判決で無実の人が処刑されたことはあるのでしょうか?
日本では、毎年どれくらいの人が死刑の判決を受け、そして執行されているのですか?
同じ殺人罪でも、死刑になったり無期刑になったりします。その境界を定める基準はあるのでしょうか?
死刑囚は外部の人たちと自由に連絡はとれるのでしょうか?〔ほか〕