生と死の先端医療―いのちが破壊される時代

個数:

生と死の先端医療―いのちが破壊される時代

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784759260434
  • NDC分類 490.15
  • Cコード C0036

目次

第1章 選別される生(完璧な人間のみ追求するあり方を問う―出生前診断の是非;いのちの価値が決められるとき―厚生省、産婦人科学会への疑問 ほか)
第2章 操作される死(臓器移植法とその問題点―“愛の行為”という命の切り捨て;「安楽死」「尊厳死」に潜むもの―何か変ではないですか?)
第3章 翻弄される遺伝子(インターセックスという性を生きる人びと―橋本秀雄さんに聞く;遺伝子治療新時代―あなたは承認しますか?)
第4章 破壊されるいのち(人権を破壊する「ヒトゲノム解析」―人間に対する資源探索・開発計画;誰のためのクローン開発か―果てしない生命の商業化)
第5章 「自己決定」と人権(自己決定をめぐる二重構造―ナチズムの問いなおしから;座談会 先端医療技術と人権―技術の進歩が問う人間の生き方)