ハルキ文庫<br> 乙女の悲―編集者 風見菜緒の推理

個数:

ハルキ文庫
乙女の悲―編集者 風見菜緒の推理

  • ウェブストアに155冊在庫がございます。(2019年10月16日 17時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 335p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758442879
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「『柳生月影抄外伝・逆風天ノ羽衣』、クランクアップしました」―至誠出版編集部の風見菜緒は、原作者の中西篤哉と京都太秦の撮影所を訪れていた。篤哉の柳生月影抄シリーズは、累計四〇〇万部を突破した人気シリーズだ。撮影の打ち上げの翌朝、菜緒は原稿を受けとるため、映画監督の亀井和将の事務所をたずねた。が、亀井は頭から血を流して倒れていた…。監督は、なぜ殺されたのか?封印されていた哀しい過去と現在を結ぶ、待望の書き下ろしミステリー。衝撃の結末が待っています。

著者等紹介

鏑木蓮[カブラギレン]
1961年、京都市生まれ。塾講師、教材出版社・広告代理店勤務などを経て、1992年、コピーライターとして独立する。2004年、第1回立教・池袋ふくろう文芸賞を、短編ミステリー「黒い鶴」で受賞する。2006年、『東京ダモイ』で第52回江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。