ハルキ文庫<br> 長田弘詩集 (新装版)

個数:

ハルキ文庫
長田弘詩集 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月17日 09時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A6判/ページ数 264p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758442442
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0192

内容説明

世界ときみとわたしと言葉の本質を、生と死を、深く鮮やかに斬り結ぶ、著者自選の七十九篇を収めた幸福で危険な文庫オリジナル詩集。あべ弘士によるイラスト多数収録。新装改訂版。

目次

最初の質問
おおきな木
散歩
原っぱ
隠れんぼう
驟雨
あのときかもしれない
夏の物語―野球
ねむりのもりのはなし
ひとはねこを理解できない〔ほか〕

著者等紹介

長田弘[オサダヒロシ]
1939‐2015年。福島市に生まれる。25歳のとき詩集『われら新鮮な旅人』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

びわこっこ

67
長田弘さんの詩集を初めて買った。今まで図書館で借りて読むことはあっても、購入まではするつもりがなかった。文庫本だから、いつでも手軽に読めると思って買った! 最初の質問〜食べもの詩集まで、ゼロからnine9まで10章に分かれているが、詩の読み方は自由だ! 生きている事を感じさせてくれる。かろうじて生きている自分を確かめるように読んだ。心に沁みた。生と死を鮮やかに表現して、読む人の心に深く斬り込む。言葉のエールをもらった! 力強く生きろと!2021/05/06

ちえ

41
一昨年の帰省時、きくちちき表紙とあべ弘士イラストに惹かれ「ナルニア国」で購入。気が向いた時、気が向いたところを読み読了。<きょうあなたは空を見上げましたか…>から始まる「最初の質問」のzeroからnineまで10の章。言葉からいただく豊かさ。特にeightの「階段」「神島」「ルクセンブルグのコーヒー茶碗」にとても心を惹かれた。今の状況(まんえいしているところに比べればそんなに窮屈じゃない)と思っていたけど、やっぱり心は窮屈だって感じているんだと気が付かされた。必要な時に教えてくれる。やはり言葉ってすごい。2021/05/28

ルカ

35
2003年に出された自選詩集の新装版。『最初の質問』から始まり、10項目に分類されている。 1つの詩を読む度に、くうを見る。普段見過ごしていることが如何に多いか。 紡がれる言葉により、見えないものを感じる。 長田弘さんの詩はやっぱり良いな。何度も読みたい一冊。2020/05/29

Maki

21
春の霞がかった淡い光の中でひとつふたつ読む。そうやってこの本と共に過ごした四月。いろんなものを失くしたと思って過ごした四月。わたしの中の抑鬱ときらきらを少し、ぼやかして、ふざけてみたり子どものように振る舞ったり、年齢や性別やなんか、わたしという定義を人間であることすらぼやかして、名付けえないものに、ただ前髪を揺らす風や余所のおうちから聞こえてくる声や本に映る樹の葉の影に、なにかとしか言えないものなかにあるそれを見て感じて、少し、わたしにかえってこれた感じ。これからも、ひとつふたつずつ読む。2021/04/26

小鳥

1
もう最初の「最初の質問」からすごくて、力が強い。 言葉はとても優しいのだ。カづくという感じではないのに、とても大きな力がある言葉だ。例えば「散歩」や「驟雨」とても丁寧に書かれていて、私の体の隅々まで、歩くということ、雨を感じることに支配されてしまう。そんな感覚だ。 おいしそうな詩もたくさんあった。食べることに、そうやって感覚を支配されていると、今度は読み終わった瞬間それ以外が空っぽになるような感じがする。冥想ってこんな感じ?っていうくらい雑念がいなくなるというか。 おばあさんになっても読みたい本になった。2021/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13619574

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。