ハルキ文庫<br> 私が愛したサムライの娘

個数:

ハルキ文庫
私が愛したサムライの娘

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月17日 03時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758439763
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

八代将軍・徳川吉宗と尾張藩主・徳川宗春の対立が水面下で繰り広げられる元文の世。尾張徳川家の甲賀同心組頭・左内は、幕府転覆を謀る宗春の願いを叶えるべく諜報活動に命を賭けていた。長崎出島に計略成就の鍵があると睨んだ左内は、愛弟子の女忍び・雪野を長崎の遊郭に太夫として潜入させる。そこで彼女は蘭館医師・ヘンドリックと出会う。忍びとして主の夢を叶えるために生きていた娘が、女として異国の男を愛してしまい―。第六回角川春樹小説賞受賞のデビュー作にして、第三回野村胡堂賞受賞作、待望の文庫化。

著者等紹介

鳴神響一[ナルカミキョウイチ]
1962年東京都生まれ。中央大学法学部卒業。2014年『私が愛したサムライの娘』(受賞時タイトル『蜃気楼の如く』)で、北方謙三氏・今野敏氏・角川春樹の全選考委員満場一致により第6回角川春樹小説賞を受賞しデビュー。同作品にて、2015年第3回野村胡堂賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はつばあば

68
吉宗と尾張藩主宗春の「あり得たかもしれない歴史の別の流れ」に思わずネット検索。時代考証のうえに成り立つ物語なんだけど、贅沢を云わせてもらえれば、出島でのヘンドリックと女忍びの雪野を、主か別物で書いて欲しかったかな(^^;。異人さん・・日本は島国だからかなかなか異人さんに馴染めないところがあるけれど・・。昔の人の愛を貫く勇気は凄いと、蝶々夫人やお稲さんを思い出してしまいました(#^^#)2017/05/27

ゆうら

4
忍びの者の立場が悲しい。時代の隙間にもしかしてこんなことも、という話を描いている。2人の想いが最後まで全うできればいいな。2020/07/19

ぺしみち

2
まあまあかな。2017/05/16

runahi

1
徳川吉宗と尾張藩主徳川宗春の対立を背景に行われる、出島での計略や忍びどうしの戦いにワクワクした。この計略がうまくいっていたら日本は変わっていた?ラファエルの恋物語も良かったが、左内の最期は悲しく切なかった。少し関係ありませんが、著者の鳴神さんはかっこいい名前ですね。★★★★☆2018/06/25

黒とかげ

1
うーん つまらない訳じゃないんだけど、いかにも応募作って感じだなぁ2017/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10281820

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。