ハルキ文庫<br> 吉野太平記〈下〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫
吉野太平記〈下〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年12月13日 20時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758439695
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

南朝方との和平と神器奪還のために、吉野へと潜入を図った忍者頭の村雲兵庫と日野幸子だが、「第二の番人」により正体を見破られ、幸子は楠木一派に囚われてしまう。兵庫は傷付きながらも、忍びの秘技を駆使して幸子救出に向かう。一方、吉野勢力の一掃を図る伊勢守貞親は、第三の忍・戸隠の忍軍を放ち、将軍暗殺のため不遇となった赤松一族を密謀に走らす。だがそれは戦国大乱を招きかねない策だった―。二つに分かれて戦う皇統に平和は訪れるのか。泰平の本当の意味とは?気鋭の若手が描く室町伝奇巨編全二巻、新たなる歴史冒険小説の登場!

著者等紹介

武内涼[タケウチリョウ]
1978年生まれ。群馬県出身。早稲田大学第一文学部卒業後、映画・テレビの制作に携わる。第17回日本ホラー小説大賞の最終候補となった作品を改稿した『忍びの森』で2011年、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件