ハルキ文庫<br> 花かんざし―同心七之助ふたり捕物帳

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハルキ文庫
花かんざし―同心七之助ふたり捕物帳

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年08月15日 20時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758438612
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

日頃から恨みを買っていた男たちが次々と殺される。定町廻り同心樫原七之助も下手人探しを続けるが、探索から外れ、次に狙われそうな廻船問屋の主人の警護を命じられる。だが、その主には「抜け荷」をしているという悪評が付きまとっていた。七之助は、幽霊となった姉の志保とともに真相を探るのだが…(「天誅」)。小間物屋の主人が七之助に、幽霊に悩む息子を助けてくれと泣きついてきた。志保の手助けを請うが、姉はその怨霊が怖くて近づきたくないという…(「怨霊娘」)。逞しくなってきた若手同心が、姉の幽霊の助けを借りて、難事件を解決する人気シリーズ第四弾!

著者等紹介

芦川淳一[アシカワジュンイチ]
1953年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。出版社勤務を経て作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。