ハルキ文庫<br> 信じる者は、救われず―やぶ医師天元世直し帖

個数:

ハルキ文庫
信じる者は、救われず―やぶ医師天元世直し帖

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758438520
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

夏も盛りのある日、「世直し組」の朴念・竜次・練馬の三人は、ともに奇妙な出来事に遭遇する。願人坊主の朴念は、居場所の廃寺で不審な死体を見つけ、早桶屋の竜次は居酒屋で錯乱して暴れる男とひと悶着。道場主の練馬のところには、かつての同僚から若殿の奇行について相談を寄せられる。三人は仲間の天元のところへ集うが、三つの出来事には、奇しくも同じ危険な匂いがした。その背後には、幻覚を催す怪しげな薬や信者を集める女祈祷師の影が見えてきた―。江戸の庶民の善意の影に隠れた悪人たちに、「世直し組」の正義の鉄槌が、振り下ろされる!好評シリーズ第六弾!

著者紹介

沖田正午[オキダショウゴ]
1949年、現さいたま市中央区生まれ。県立与野高校卒。軽妙洒脱で温かみのある、「沖田節」ともいえる独特な筆致がファンを魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)