ハルキ文庫<br> 風の日にララバイ (新装版)

個数:

ハルキ文庫
風の日にララバイ (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月23日 02時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 329p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758437745
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

殺された有名宝石店の美人社長は五年前に別れた元妻だった―。佐原旬介は学者くずれのシングルファザー。バナナの自動皮むき機を発明したり金魚の品種改良にとり組んだりと、気楽な人生を送っている。しかしそんな中年ニートでも母を失った愛娘の悲しみは座視できず、にわか探偵として事件の捜査をはじめる。旬介の前に登場する謎めいた美女や魅力的な女子大生、そして昔の女たち。やがて事態は思わぬ方向へ…。中年探偵・柚木草平の前駆をなす“幻のシリーズ”、待望の新装版。

著者等紹介

樋口有介[ヒグチユウスケ]
1950年群馬県生まれ。国学院大学中退。88年『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞読者賞を受賞しデビュー。その後『風少女』で第103回直木賞候補となり注目を集める。著書に、日本推理作家協会賞候補となった『ピース』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。