ハルキ文庫<br> 飛将軍 李広

個数:

ハルキ文庫
飛将軍 李広

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 09時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758437738
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

始皇帝以来つづく武門の名家に生を享けた李広の初陣は、義勇兵として参戦した、北方の遊牧騎馬民族・匈奴との戦いであった。この戦で強弓を披露し、勇名をとどろかせる李広。以後、彼の人生は常に戦闘の中にあった。前漢の文帝、景帝、武帝三代の下で、たびたび匈奴と干戈を交え、武人として栄達を遂げていく。だが、武帝が皇后の縁戚で匈奴の習性を熟知する衛青を将軍に任命した頃より、李広の栄光に影が差し始める―。端正かつ綿密な筆致が哀切を呼ぶ、珠玉の中国歴史小説。

著者等紹介

塚本青史[ツカモトセイシ]
1949年岡山県倉敷市生まれ。同志社大学文学部卒。イラストレーターとして活躍の後、96年に長篇小説『霍去病』を発表して注目を浴びる。以後、中国歴史小説、現代ミステリーを意欲的に執筆。2012年に『煬帝』で第1回歴史時代作家クラブ「作品賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。