ハルキ文庫<br> 逆恨みの春夜―八丁堀夫婦ごよみ

個数:

ハルキ文庫
逆恨みの春夜―八丁堀夫婦ごよみ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月27日 14時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758437196
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

岡っ引きと共謀して事件を働いていた番方与力の不正と切腹を目の当たりにして、柳川卯一郎は密かに筆頭同心を目指し始める。だが、盗人一味を率いる小湊の平吉を捕縛する折に、焦りから上役と同僚が大怪我を負ってしまう。果たして卯一郎は南町奉行所の信用を取り戻せるか?(「悔恨の捕物」)。同心として成長していく卯一郎だったが、その活躍を逆恨みする者たちもいた。そのうちの一人、元芸者のお千は、醜男ながら凄腕の浪人・久松源吾郎の恋心を利用して、卯一郎を闇討ちしようとする。だが卯一郎と会ったことで、源吾郎の奥底には違った感情が芽生えていた…(「逆恨みの春夜」)。大きな飛躍となる好評シリーズ第六弾(全四話収録)。

著者等紹介

早見俊[ハヤミシュン]
1961年、岐阜県岐阜市に生まれる。法政大学経営学部卒業。会社員を経て作家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。