ハルキ・ホラー文庫<br> 今でも怖い日本おとぎ話

個数:

ハルキ・ホラー文庫
今でも怖い日本おとぎ話

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年05月24日 04時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 209p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758434201
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

茶釜に化けた狸が男に恩返しをする昔話『分福茶釜』。心温まる狸と男の続きの話は、恐るべき復讐譚だった―。『鶴の恩返し』『ものぐさ太郎』『ねずみの兵法』など、著名な昔話に秘められたもう一つの、背筋が凍るストーリー。著者独自のアプローチで描かれた“恐ろしいおとぎ話”十八篇を収録。ベストセラー『グリム童話より怖い日本おとぎ話』に続く、待望の書き下ろし、遂に刊行。

著者等紹介

中見利男[ナカミトシオ]
1959年、岡山県生まれ。作家、ジャーナリスト。該博な知識と徹底した取材力、そして斬新な視点を駆使し、ドキュメンタリー、評論、解説書など数多く手がける。伝奇時代小説『太閤の復活祭~関ヶ原秘密指令』が「2001年度の本の雑誌が選ぶ総合ベスト10」で第7位にランクイン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。