ハルキ文庫<br> 彼女の命日

個数:
電子版価格
¥712
  • 電書あり

ハルキ文庫
彼女の命日

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月16日 20時55分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 285p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758433754
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「あなたの大切な一日、私に下さいませんか」―三十五歳の会社員・楠木葉子は、父亡き後、母と妹を養ってきたしっかり者。結婚を考える恋人もいる。そんなある日、葉子は、帰宅途中、胸を刃物で刺されて死亡した。が、一年後、山の手線で別の女性の身体を借りて、この世に戻ってきた。葉子は恋人のことを気にかけながらも、母と妹が住む自宅へと向うが、そこで待っていたものとは…。現代に生きる女性の揺れ動く心情を繊細に描く、切なく優しくサスペンスフルな傑作長篇。

著者等紹介

新津きよみ[ニイツキヨミ]
1957年、長野県生まれ。青山学院大学卒。旅行代理店、商社勤務を経て、88年、『両面テープのお嬢さん』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

菜穂子

63
毎年命日になると甦り、誰かの体を借りて自分が知りたかったこと追っていく。若くして死んだなら後に残った人達の反応もその後も興味ある。死んだら何もわからないもの!でもこのお話は甦るたびに、宿った人に迷惑をかけていないか…と益々心配事が増えていくではないか!「死んだ時に誰が笑っているか見てやる」なんて恐ろしいことを言った上司のおばあさんの話はさて置き、会いたい人には生き返って会いに来て欲しい。トンボでも蝶々でもいい。ちゃんと分かるようにサインを送って!2018/05/15

おかだ

23
う~ん、設定や流れは面白いんだけど。なんとなく登場人物に共感できず。特に妹の夏美はなんだかなあ。単純に嫌な奴だった。自分が死んだ後の世界というのは、見たくないものだなあと思った。周囲の心変わりや自分の存在感が薄れていくのを目の当たりにするのは辛い。この作品、死んだ主人公が命日に蘇る度に少しずつ人と関わり心境を変化させていくのが面白い。生きている人だけでなく死者も時と共に成長するのが斬新だった。2015/09/24

みち

22
正直、この本を読んで、自分がもし死んでも、よみがえりたくないなと思った。自分の良いように自分の物語を終わらせたいからかな。でも殺されたのだったら違うのかな。うーん、考えさせられた。2012/12/02

あつ子🌼

19
再読。新津きよみさんの本は、女性の心情を繊細に描いたものが多い。私も女だからか、時に嫌~な気持ちにさせられることもあり、故にそう頻繁には読まない。 『彼女の命日』でも、主人公の葉子を苛つかせる母や妹がキツかった。特に妹。甘えよって。 結局、死者のことは置き去りにして生者は進んでいく。でも一年に一度くらいなら、いいと思うの。 葉子ヤッチマイナァ!(キル・ビル調で)2019/10/08

seiko★

13
ある日突然、通り魔に殺されてしまい、命日に他人の身体を借りて一日だけ蘇る葉子・・・知りたくないこと、見たくない事が解ってしまい戸惑う。切ない。生前はひとりで家族を守っていたと自負して勝ち気に突っ走っていた葉子だが、蘇る度に皆の気持ち、考えを知り独りよがりなところを反省して、優しく思いやりのある女性に代わっていく様が素敵。そして犯人が捕まる。犯人が捕まった5年目からは、きっと成仏してみんなの幸せを見守っていることでしょう。2024/05/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/494762
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。