ハルキ・ホラー文庫<br> いわくつき日本怪奇物件

個数:

ハルキ・ホラー文庫
いわくつき日本怪奇物件

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月21日 08時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 205p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758433587
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

カップルの幽霊が現れるキャンプ場、死んだはずの患者が暴れる病院、事故物件なのに使われつづける写真スタジオ。コンクリートの中に佇む謎の老婆…。書面には書かれずに噂だけがまとわりつく“ほんとうにあった”数々の「いわくつき」建物。怪談文学に新風を巻き起こした著者がおくる、選りすぐりの恐怖の不動産コレクション。

目次

崖下のキャンプ場
SDトンネル
Kトンネル
板前
廊下の男
廃屋の声
縮んだ眼
北棟
夢のなかの記憶
K北橋〔ほか〕

著者等紹介

福澤徹三[フクザワテツゾウ]
1962年、福岡県生まれ。営業、飲食、アパレルなどのさまざまな職業を経験したあと、デザイナー及びコピーライターに転業。広告代理店、百貨店アートディレクターを経て、フリーに。学校講師のかたわら、作家活動に入る。2000年、怖恐小説集『幻日』でデビュー。『すじぼり』(角川書店)で第10回大薮春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。