グルメ文庫<br> 美酒礼賛

個数:

グルメ文庫
美酒礼賛

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月20日 23時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 248p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784758432801
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

人生でさいしょに飲んだ酒の話、野球場での悪酔い酒について、高い勘定へのぼやきなどの愉快な酒談義。北は小樽の海陽亭から南は長崎のとら寿司まで、美味しい料理と酒を楽しんだ全国各地の行きつけの店とお気に入りの料理のこと。さらに、その土地ならではの食と酒を味わい尽くす旅の楽しみ方まで、美酒と美食をこよなく愛した作家による、旨い話ばかりをぎゅっと凝縮した、極上の一冊。

目次

1 酒づくし(はじめての酒;外野席の酒 ほか)
2 旅の味(少餡の奉仕的精神(別府)
祇園の地蔵会(京都) ほか)
3 全国なじみの店(柳橋 亀清樓の鮎の煮びたし;御茶の水 山の上ホテルの天ぷらとステーキ ほか)
4 酒と肴と草競馬(一関のわんこソバ(水沢)
バナナがうまい(旭川) ほか)
5 対談/吉行淳之介×山口瞳(老イテマスマス耄碌「一屯の蒟蒻がきた篇」)

著者等紹介

山口瞳[ヤマグチヒトミ]
1926年、東京生れ。出版社勤務を経て、58年寿屋(現サントリー)に入社、「洋酒天国」の編集者・コピーライターとして活躍する。62年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞、79年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。95年8月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。