ボクシング日和

個数:

ボクシング日和

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2018年07月16日 10時24分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784758413220
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

後楽園ホールで、大阪で、マカオで…カクタさんは戦う男たちに、叫び、涙し、祈る。ボクシングは、こんなにもドラマに満ちている!

目次

1(マカオでボクシングを;いつかきっと自慢する;意外に遠い大阪;どうして見にきたのだっけ?;みんな泣いた;気品と洗練;すごいものを見た!;今日でよかった;倒れない人たちもまた;三者三様の実直;ブッラディ・マンデイ;まさかの負傷判定;本物の試合、本物の人気;タオル三昧)
2(あのいつかの輝きを;謝ることなんてない;合計たったの5ラウンド;熱の時間;裏切る体について)

著者等紹介

角田光代[カクタミツヨ]
90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞、03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、04年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。