謎々 将棋・囲碁

個数:

謎々 将棋・囲碁

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月13日 17時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 246p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784758413190
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0093

内容説明

将棋・囲碁をテーマに描いた6つの謎。ミステリー・SF界の精鋭が集う、贅沢なアンソロジー。どれもダントツの面白さ太鼓判!この謎、解けますか?

著者等紹介

新井素子[アライモトコ]
1960年生まれ。77年「あたしの中の…」が奇想天外SF新人賞佳作入選しデビュー。81年『グリーン・レクイエム』で、82年『ネプチューン』で連続して星雲賞を、99年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞

葉真中顕[ハマナカアキ]
1976年生まれ。2009年児童向け小説「ライバル」で角川学芸児童文学優秀賞受賞。13年老人介護を扱った犯罪小説『ロスト・ケア』で日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞

宮内悠介[ミヤウチユウスケ]
1979年生まれ。2010年「盤上の夜」で創元SF短編賞山田正紀賞を受賞しデビュー。12年同名の作品集で日本SF大賞を受賞。13年(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞、14年『ヨハネスブルグの天使たち』で日本SF大賞特別賞、17年『彼女がエスパーだったころ』で吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で三島由紀夫賞を受賞

深水黎一郎[フカミレイイチロウ]
1963年生まれ。2007年『ウルチモ・トルッコ』でメフィスト賞を受賞しデビュー。同作は『最後のトリック』と改題文庫化され、ベストセラーとなる。11年「人間の尊厳と八〇〇メートル」で日本推理作家協会賞(短編部門)受賞、15年『ミステリー・アリーナ』で本格ミステリ・ベスト10第1位を獲得

千澤のり子[チザワノリコ]
1973年生まれ。羽住典子名義で、評論家としても活動している。二階堂黎人との合作『ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子』を発表し作家デビュー

瀬名秀明[セナヒデアキ]
1968年生まれ。東北大学大学院薬学研究科(博士課程)修了。薬学博士。大学院在学中に『パラサイト・イヴ』で日本ホラー小説大賞を受賞しデビュー。98年『BRAIN VALLEY』で日本SF大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

89
タイトルにあるように囲碁将棋のアンソロジー。葉真中さんの作品が一番よかった。次点は新井さんの作品の世界観がよかった。2019/03/08

buchipanda3

33
収録されている著者たちの名前に惹かれて手に取った一冊。どの篇も各人の特色が出ていて楽しめた。ミステリやSFな著者ということで、一風変わった将棋・囲碁もの(もちろん指すし、打つけど)。宮内さんのは脳科学を絡めた話。それでもとても人間味のある物語でスカッとした。深水さんのは、らしさ全開。擬人的な心理描写と思わせておいて、思わずえぇっとなった。面白い。瀬名さんのはAIの負けに関する考え方が興味深い。このテーマは最近AIが多い。葉真中さんのは遊び心一杯でオチも巧い。他の篇も含め多彩な話を味わえて満足な作品だった。2018/02/18

ひさか

31
ランティエ2015年12月号:碁盤事件(新井素子)、2016年12月号:十九路の地図(宮内悠介)、2017年1月号:七五歩の悲願(深水黎一郎)、2月号:負ける(瀬名秀明)、6月号:三角文書(葉真中顕)の5編に書下ろし:黒いすずらん(千澤のり子)を加えて、2018年2月角川春樹事務所から刊行。囲碁も将棋もルールがわかっていないのに読めるのか?と心配でしたが、「ヒカルの碁」なんかと同じく、そういうところは、書かずに違うところが、書かれていて、いずれも、興味深く、楽しめました。2018/05/24

kokada_jnet

25
6人の作家による将棋・囲碁を題材としたSF的な短編をまとめたものだが、イマイチ。「十九歳の地図」のもじりである「十九路の地図」という短編名はよかった。2018/08/04

ちろ

25
6人の作家による将棋と囲碁のアンソロジー。めっちゃ面白かった!久しぶりの新井素子さん‥そうきたかぁ!と唸るラスト。葉真中顕さん‥サービス満点の可笑しさ。これからひふみんを見ると、白い猫を思い出さずにはいられない。初読みの宮内悠介さん‥ほんのり泣かされた。深水黎一郎さん‥んっ?、ほぉ、エッ!、うわぁ!の展開の面白さがナイス。最後にググらずにはいられない。千澤さん‥ミステリー好きはハマる!瀬名秀明さん‥果たしてAIは投了ができるのか。。読み応え抜群のおすすめ本。2018/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12679115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。