ファミ通文庫
終わる世界、終わらない夏休み―芹沢和也の終末

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784757729315
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「世界は、あと四日で滅亡する―」計画都市・谷園で、いつものように教室に向かった高校生・芹沢和也は、「疎開」により、ついに唯一人になったクラスメイト、大舞都亜美から「世界を救う方法を一緒に探そう」と誘われる。荒廃した街ですることもなく、生きることに執着もない和也は、暇つぶしとして亜美に付き合うことにする…。喪われた日常が“繰り返される”世界で、生きる希望を探す少年と少女を描いた、えんため受賞作家、渾身の上下巻連続刊行。

著者等紹介

あきさかあさひ[アキサカアサヒ]
東京都出身。『第6回えんため大賞』優秀賞受賞作『渚のロブスター少女』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ソラ

4
内容(「BOOK」データベースより) 「世界は、あと四日で滅亡する―」計画都市・谷園で、いつものように教室に向かった高校生・芹沢和也は、「疎開」により、ついに唯一人になったクラスメイト、大舞都亜美から「世界を救う方法を一緒に探そう」と誘われる。荒廃した街ですることもなく、生きることに執着もない和也は、暇つぶしとして亜美に付き合うことにする…。2010/05/22

ソラ

3
【読メ登録以前読了作品】2006/09/14

椎名

2
これはいい終末物!傷のなめ合いにしかならないと思っているうえでヒロインの気持ちに応えてしまう主人公と関係性がツボすぎた。文章の使いまわしもループ物という印象を強くしているし、上手く別の印象を与える箇所に挿しこまれているため非常に良かった。某ゲームとはまた違うエンディングを迎えるだろう下巻が楽しみ。2011/11/25

永山祐介

2
三章「終末の過ごし方」みたいな話を、ラストじゃなくて途中に持ってくるのが意外でした。終わりたくないという二人の願いと、そして次の章でやっぱり何事も無かったように始まってしまうのが哀しいですね。2006/09/06

ひざこぞう

1
207Pの日付が豪快に誤植2014/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/386981
  • ご注意事項