ファミ通文庫
pulp〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 315p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784757725522
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

父親の暴力、自傷する悪癖、退屈な日常、ザラついた毎日―。リストカットで生を実感する少女・嬢は、ある晩通り魔に襲われたところを一人の美少年に助けられる。闇に煌く日本刀。少年の冷たい眼差し。恐怖しながらも強烈に惹かれるものを感じた嬢は、彼ならきっとこんな世界から自分を連れ出してくれると確信するのだが…!!不器用に己の生を模索する少女と、異常を生きる少年の出会い、そして―。愛と狂気と暴力のセンチメンタルストーリー。

著者等紹介

森橋ビンゴ[モリハシビンゴ]
1979年生まれ。小池一夫教授に師事した、大阪芸術大学映像学科在学中の2002年に第3回「えんため大賞」ドラマ企画書部門優秀賞を受賞し、自ら小説化した『刀京始末網―ヒツジノウタ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。