近代文学研究叢刊<br> 自由民権運動と戯作者―明治一〇年代の仮名垣魯文とその門弟

個数:
  • ポイントキャンペーン

近代文学研究叢刊
自由民権運動と戯作者―明治一〇年代の仮名垣魯文とその門弟

  • 松原 真【著】
  • 価格 ¥5,280(本体¥4,800)
  • 和泉書院(2013/12発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 96pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年04月05日 10時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757606821
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C3395

内容説明

仮名垣魯文は開化期の庶民の生態を表面的に描いただけの戯作者ではない。魯文が最も得意であったのは新聞人として活動した時代であった。自由民権運動の全国的高揚によって特徴付けられる、この時代における魯文とその門弟の活動実態を論考と資料によって明らかにし、文壇史・文学史に位置づけた一書。

目次

第1部(仮名垣魯文と林正明;反新聞紙悪徳論―仮名垣魯文達から見た西南戦争;毒婦物の法廷―『鳥追阿松海上新話』と『高橋阿伝夜刃譚』;『相州奇談真土迺月畳之松蔭』試論―近代日本出発期の一側面;時事文学の政治小説化―中島市平編『民権泰斗板垣君近世紀聞』の成立をめぐって;魯文、社長を辞す―明治一五年の文壇;戯作者の自由党時代―ふたりの魯文門下;二世花笠文京―近代小説誕生期の文学活動について)
第2部(魯文西遊―明治一五年、関西への旅;「いろは新聞」仮名垣魯文関係記事稿)

著者等紹介

松原真[マツバラマコト]
1978年、島根県生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、日本学術振興会特別研究員。専攻は日本近代文学(特に明治文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。