和泉選書<br> 「仕方がない」日本人

個数:

和泉選書
「仕方がない」日本人

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年01月24日 15時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 307p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757604650
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C1395

内容説明

日本人はさまざまな局面で「仕方がない」と言う。「仕方がない」を、どこで、どう使うかによって、その人柄・生が見えてくる。夏目漱石、芥川龍之介、野間宏、遠藤周作、高村光太郎、金子光晴、伊東静雄…「仕方がない」といいつつ内部を切開し、主体にかかわろうとした近代文学の作家たちのもがきの表現に強く心を惹かれる著者が、「仕方がない」日本人のもがきを具体的に捉えようとした文学論。

目次

第1章 夏目漱石
第2章 芥川龍之介
第3章 野間宏
第4章 遠藤周作
第5章 高村光太郎
第6章 金子光晴
第7章 伊東静雄

著者等紹介

首藤基澄[シュトウモトスミ]
昭和12年、大分県大野町生まれ。東京都立大学大学院博士課程中退。文学博士。別府大学講師、熊本大学助教授を経て昭和50年より熊本大学教授。平成14年、同名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。