研究叢書<br> 萬葉集栞抄〈第5〉

個数:

研究叢書
萬葉集栞抄〈第5〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月24日 20時31分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 385p
  • 商品コード 9784757601413
  • Cコード C3395

目次

奥山の菅の葉凌ぎ降る雪の消なば惜しけむ雨な降りそね
この川の絶ゆることなく この山のいや高貴 水激つ瀧の宮所は見れど飽かぬかも
媽子らが夜昼といはず行く路を吾れは孤しき宮道にぞする
日本の青香具山 畝火の清水山 耳高しの青菅山
吾が聞きし耳によく似て葦のうれの足ひく吾が背勤めたぶべし
よろしなへ吾が背の君の負ひ来にしこの背の山を妹とは呼ばじ
吾が背子が古家の里の明日香には千鳥鳴くなり入来待ちかねて
佐保過ぎて寧楽の手向に置く幣は妹を目離れず相ひ見しめとぞ
馬驀ぎ鞭ちてな行きそ日並べて見ても我が行く志賀にあらなくに 〔ほか〕

著者等紹介

森重敏[モリシゲサトシ]
大正11年鹿児島市生れ。昭和20年京都帝国大学文学部卒業。現在、奈良女子大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。