相手を必ず動かす!英会話のテクニック

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

相手を必ず動かす!英会話のテクニック

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年08月19日 17時05分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757433106
  • NDC分類 670.93
  • Cコード C0082

目次

依頼する―「引き受けてもらえる」頼み方には、ちょっとしたコツがある
許可を求める―言葉遣いを工夫して、相手から「いいですよ」を引き出す
誘う―中には乗り気でない人も…無理強いせずにスマートに誘う
助言する―カジュアルな質問から深刻な相談まで、適切に対応する
提案する―知らない人、上司…相手に合わせた提案のノウハウを知る
申し出る―押し付けがましい印象を残さずに、手を差し伸べる
謝罪する―「謝罪の弁」を習得し、I’m sorry.しか言えない自分を卒業する
反対する―日本語でも難しい!相手を不快にせず、論理的に反対する
断る―「断れなくて、無理に引き受けてしまった」を未然に防ぐ
苦情を言う―関係を悪化させずに、問題点と要望をしっかり伝える
褒める・褒められる―英語圏の「マナー」を知って、コミュニケーション力を上げる

著者等紹介

清水崇文[シミズタカフミ]
上智大学言語教育研究センター/大学院言語科学研究科教授。応用言語学博士(Ph.D.)。専門は、第二言語習得論、語用論。早稲田大学法学部卒業。イリノイ大学大学院東洋言語文化専攻修士課程、ハーバード大学大学院教育学専攻修士課程、ロンドン大学大学院応用言語学専攻博士課程修了。スタンフォード大学講師などを経て、現職。国土交通省航空英語能力証明審査会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。