世界最強の囲碁棋士、〓薫鉉の考え方

個数:
  • ポイントキャンペーン

世界最強の囲碁棋士、〓薫鉉の考え方

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年06月27日 10時51分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 297p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757428270
  • NDC分類 795
  • Cコード C0030

出版社内容情報

世界最多勝(1946勝)・最多優勝(160勝)を誇る「囲碁の皇帝」曺薫鉉は、どのように戦いに勝ち切ってきたのか?

内容説明

世界最多勝(一九四六勝)、世界最多優勝(一六〇勝)を誇る「囲碁の皇帝」〓(そう)薫鉉は、どのようにして戦いに勝ち切ってきたのか?満九歳で来日し、九年間の修行生活を送った〓(そう)薫鉉。瀬越憲作を精神的な師、藤沢秀行を盤上の師とし、韓国囲碁界の伝説的な棋士として、その名を広く知られている。本書は、日中韓のそうそうたる棋士たちとの戦いから導き出された、選択の瞬間に「最高の一手」を打つ考え方を伝える。

目次

初段 名人が語る考えの法則
2段 良い考えは良い人から生まれる
3段 勝てるならば必ず勝て
4段 手を正確に読んで動け
5段 より遠くを予測せよ
6段 つらい時ほど検討せよ
7段 考えを大きく広げよ
8段 人から学べ
9段 心身のバランスを探せ
10段 考える時間を作れ

著者等紹介

〓薫鉉[チョフンヒョン]
世界最多勝(1946勝)、世界最多優勝(160回)を誇り、「囲碁の皇帝」と呼ばれる韓国囲碁界の伝説的な棋士。1953年生まれ。満4歳のときに木浦で囲碁を始め、満5歳で修業のためにソウルへ。1963~72年、日本での修行生活を送り、瀬越憲作、藤沢秀行という最上の師から薫陶を受ける(瀬越憲作門下)。1972年、兵役のために韓国へ帰国。その後韓国を中心に活躍を続ける。日本の棋士との交流は長く深く、その名を囲碁界で知らぬ者はいない

戸田郁子[トダイクコ]
韓国在住の作家・翻訳家。仁川の旧日本租界地に90年前に建てられた日本式の木造長屋を再生し、「仁川宮洞ギャラリー」を開く。また、韓国で「図書出版土香(トヒャン)」を営み、文化や歴史に関わる本作りを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜間飛行

112
著者はかつて世界最強といわれた韓国の棋士。瀬越憲作の三人の弟子の一人とは知らなかった(他にも弟子はいたのだろうけれど、呉清源と橋本宇太郎だけあげている)。その師は「囲碁に答はない。自分で探せ」と教え、著者の並べ返す碁を見ながら、時々指で石を指すだけだった。でも、その指さしがとても貴重だったらしい。パチンコ・麻雀などにも手を出した著者は、師を窮屈な人だと思っていたそうだ。ところが、後に自分の弟子となる寡黙で石仏のような16才の李昌鎬に全タイトルを奪われてしまう。全体的にお説教くさいが、面白い話も沢山あった。2020/04/09

kokada_jnet

18
赤裸々に書いてあって非常に面白い内容だけれど。師匠の瀬越憲作の自殺について、「私(=曺)が韓国に帰ったことで絶望した」「師匠は、自分で自分の首を絞めて死んだ」とあるけれど、これは本当なのかな(そんな自殺が可能?)。また「瀬越先生の弟子は、呉清源・橋本宇太郎・曺薫鉉だけ」とも書いているが。他の杉内雅男、伊予本桃市、久井敬史らの弟子を無視しているし。2017/07/12

kokada_jnet

16
曺薫鉉は日本で修行した後、兵役のため韓国にもどって韓国のタイトル王になったが、日本の囲碁界では、「所詮、韓国のチャンピオン」と下にみていた。しかし、囲碁の世界戦がはじまって、優勝し、日本の囲碁界に自分の力をしらしめた。その辺りの記述が不足しているような。2017/07/13

kokada_jnet

16
実質的な師匠だった藤沢秀行について。坂田栄男がやっていた解説会に泥酔して現れ、暴言を吐いたというエピソードが紹介されている。日本の秀行関係本では、絶対出てこないエピソード。2017/07/12

mass34

8
師匠である瀬越先生のこと、秀行先生のことが気になった。2017/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11151311

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。