村崎百郎の本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 343p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757218499
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0076

内容説明

2010年7月23日、衝撃的な最期を遂げた鬼畜系ライター、村崎百郎。その謎多き半生を、京極夏彦、根本敬など多くの関係者の証言から綴る、全読書人必読の書。

目次

INTRODUCTION 村崎百郎クロニクル(多田遠志、尾崎未央)
INTERVIEW01 京極夏彦「あんなに理知的で建設的な“クルクルパー”を、僕は他に知りません」
村崎百郎の文(ゲスメディアとゲス人間―ワイドショーへの提言;キチガイの未来)
TALKIN’ABOUT HYAKURO MURASAKI(黒田くんのこと(柳下毅一郎)
電波兄弟“弟”からの「弔辞」(木村重樹))
INTERVIEW02 今野裕一「村崎百郎が唯一、言うことを聞く、怖がる人間が僕でした」
村崎百郎の文(電波とアルトーそしてドラッグ―あらかじめ壊れた人間たちにとっての麻薬;「アルトー」と電波;そうかジジイ、やっと死んだか、良かったな。)〔ほか〕