アナザーユートピア―「オープンスペース」から都市を考える

個数:
  • ポイントキャンペーン

アナザーユートピア―「オープンスペース」から都市を考える

  • ウェブストアに66冊在庫がございます。(2019年03月23日 05時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 260p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757160774
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

内容説明

「都市の余白」から、夢を描く!槇文彦の問いに、分野を超えた17名の論者が応答する。

目次

序論 「アナザーユートピア」への誘い
1 オープンスペースを考える(原っぱの行方;オープンスペースの空間人類学;オープンスペースとコミュニティ;都市計画と広場―そのストックの系譜と再生)
2 オープンスペースを調べる(オーナーシップ、オーサーシップから、メンバーシップへ;都市の「すきま」から考える;誰のためのオープンスペースか?;法の余白、都市の余白―都市のリーガルデザイン)
3 オープンスペースをつくる(空であること;空き家・空き地と中動態の設計;都市に変化を起こすグリーンインフラ;オープンスペースを運営するのは誰か?)
4 オープンスペースをつかう(一〇〇m2の極小都市「喫茶ランドリー」から;ストリートは誰のものか?―道としてのオープンスペース;身体の違いがひらく空間;アートとオープンスペース―都市の「余白」の発見)
総論 「オープンスペース」から夢を描く

著者等紹介

槇文彦[マキフミヒコ]
1928年、東京都生まれ。建築家、槇総合計画事務所代表。東京大学工学部建築学科卒業、ハーヴァード大学大学院デザイン学部修士課程修了。その後ワシントン大学、ハーヴァード大学、東京大学で教壇に立つ。日本建築学会賞、高松宮殿下記念世界文化賞、プリツカー賞、AIA(アメリカ建築家協会)ゴールドメダルほか受賞多数

真壁智治[マカベトモハル]
1943年、静岡県生まれ。プロジェクトプランナー、M・T・VISIONS主宰。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

建築家・槇文彦はエッセイ「アナザーユートピア」で、建物からではなく、「オープンスペース」――広場、路地、道、原っぱ――から、都市の未来をいまいちど考えなおそうと問題提起をした。本書では、槇の問題提起を受け、さまざまなジャンルで活躍する若手からベテランまでが寄稿し、これからの都市のあり方に一石を投じる。
執筆者 青木淳、塚本由晴、手塚貴晴、田中元子、伊藤亜紗、広井良典、ほか全16名。