建築・都市レビュー叢書<br> 妹島和世論―マキシマル・アーキテクチャー〈1〉

個数:

建築・都市レビュー叢書
妹島和世論―マキシマル・アーキテクチャー〈1〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2017年04月27日 04時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757160705
  • NDC分類 523.1

内容説明

“私”と“世界”の亀裂に向き合った妹島和世の世界を縦横に読み解く新世代の建築批評。

目次

序 きっと「作品」が悪いのだ
1 亀裂は絶対見過ごせない―「妹島和世の原風景」
2 建築論に食らいつけ―「多木・篠原・伊東・坂本のちょっと難しい建築」
3 家具もまた建築である―「大橋の建築家具・倉俣のヒエラルキー批判」
4 最初の亀裂、躓きの予感―「キャラクター論の失敗とコーリン・ロウ」
5 どうして覆われなければならないのか―「伊東事務所からの巣立ち」
6 同一化から相互規定へ―「“PLATFORM2”と“再春館”」
7 追いかけるほど遠ざかる世界―「地面・外形・ファサード・時間」
8 許してみる、頼ってみる、ただし慎重に―「ラカトン&ヴァッサルと“芝浦”のブレース」
9 誰がやわらかくしたのか―「西沢立衛の手弱女ポエジー」
終 私であり、作品であるもの

著者紹介

服部一晃[ハットリカズアキ]
1984年生まれ。2007年東京大学工学部建築学科卒業後、パリ・ラヴィレット建築大学に留学。その後、東京大学大学院難波和彦研究室を2010年に修了。現在、隈研吾建築都市設計事務所(KKAA)勤務。大学卒業制作の世界コンクール「Archiprix 2009」グランプリ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

建築界待望の若手レビュアー現わる!建築のモダニズム、ポストモダニズムの流れを、突如「切断」してに現れた妹島和世(せじま・かずよ)。その発想の根底には「世界」と「私」の「亀裂」を丸ごと飲み込む姿勢があった。80年代生まれの気鋭が放つ新しい建築史の冒険。

序:きっと「作品」が悪いのだ
(1)亀裂は絶対見過ごせない
(2)建築論に食らいつけ
(3)家具もまた建築である
(4)最初の亀裂、躓きの予感
(5)どうして覆われなければならないのか
(6)同一化から相互規定へ
(7)追いかけるほど遠ざかる世界
(8)許してみる、頼ってみる、ただし慎重に
(9)誰がやわらかくしたのか
終:私であり、作品であるもの

服部 一晃[ハットリ カズアキ]
1984年生まれ。東大建築学科卒後、パリ・ラヴィレット建築大学に学ぶ。難波和彦研究室を修了。現在、隈研吾建築都市設計事務所(KKAA)勤務。