食は庭にあり―家庭菜園で自給力をつけよう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757150676
  • NDC分類 610.4
  • Cコード C0061

内容説明

ナスやトマトがどんな姿か知らない子どもがいます。人は土から離れることで「生きる力」も失いつつあります。自分で食べものを育て、そのいとおしさや命をもらうことの有り難さを経験してほしい。それは「生きる力」を育て、「心」を育て、「五感」を育てます。

目次

第1章 豊かな食べものってなに?
第2章 これからの食を考える
第3章 未来の子どもたちのために
第4章 食と農への取り組み
第5章 日本発世界の農業へ
第6章 浜松・農園だより

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Fみほ

0
有機肥料の是非、在来種、食育や学校菜園に対する問題提起は、私の考えとほぼ同じでした。しかし、有機肥料や農薬ばかりクローズアップされています。その一方、自給率は低下したままです。ドイツのクラインガルテンのように家庭菜園がもっと広まり、自分の野菜は自分で供給するようになるといいなと心から願います。永田農法にも興味が持てました。2016/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/586354
  • ご注意事項