人文知の復興<br> コンテクストの読み方―コロナ時代の人文学

個数:

人文知の復興
コンテクストの読み方―コロナ時代の人文学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 22時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757143579
  • NDC分類 907
  • Cコード C0090

出版社内容情報

コロナ禍で不安の高まる時代に、人文学にできることは何か──。一つの事象を様々なコンテクストから読み解く文学研究の技法を知ることで、私たちの人生はより豊かなものになると著者は語ります。本書はブルデュ-、カミュ、フロイトそして漱石などの技法をもとに、ポスト・トゥルースの時代と呼ばれる今ふたたび注目される文学・漫画・映画を取り上げ、多様な読みの方法論を入門・対話形式でご紹介します。

内容説明

ポスト・トゥルースの時代、人文学にできることは何か。一つの事象をさまざまなコンテクスト=文脈から読み解く文学研究の技法を知ることで、私たちの思考はより豊かに、深みを増す。ジュネット、フロイト、ブルデューなどの解釈をもとに、いまふたたび注目される文学・漫画・映画を取り上げ、多様な“読み”の方法論を紹介する。

目次

1部 多様な“読み”の方法論―コンテクスト理解のために(実証主義的方法―夏目漱石『吾輩は猫である』;記号学;ナラトロジー;精神分析的批評;精神分析で作品を読み解く ほか)
2部 文学をふかく読むこと―漱石とともに考える(漱石と倫理―文学の幼年時代;漱石をめぐる対話)

著者等紹介

千葉一幹[チバカズミキ]
大東文化大学文学部教授。文芸評論家。1961年生まれ。1990年東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。東北芸術工科大学助教授、拓殖大学商学部教授などを経て現職。「文学の位置―森鴎外試論」で群像新人文学賞、『宮沢賢治―すべてのさひはひをかけてねがふ』で島田謹二記念学藝賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

3
現在バイアスと人文学 知性と権力への固定的な結びつきへの反感 コンテクストとテクスト ポスト・トゥルース時代の文学研究 多様な読みの方法論―コンテクスト理解のために:実証主義的方法ー夏目漱石「吾輩は猫である」 記号学 言語が現実を作る アマチュア的・プロフェッショナル的鼻 ナラトロジー 精神分析的批評 精神分析で作品を読み解く 文学の社会学的読み方 フェミニズム批評  文学をふかく読むこと―漱石とともに考える:漱石と倫理―文学の幼年時代 漱石をめぐる対話2021/04/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17522787

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。