食の社会学―パラドクスから考える

個数:

食の社会学―パラドクスから考える

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 270p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757143395
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0030

内容説明

フードデモクラシーは実現可能か?工業化される食品とオーガニック志向、グローバル化とローカル化、飽食と飢餓、包摂と排除、複雑化する食品供給網、安い食品の目に見えないコスト…「食」をめぐるさまざまなパラドクスを切り口に、現代の食料システムの問題点を暴く。

目次

第1章 食の社会学―原則とパラドクス
第2章 食とアイデンティティ―包摂と排除
第3章 スペクタクルとしての食―豪華ディナーと過酷な労働
第4章 栄養と健康―体によくてもおいしくない?
第5章 ブランド化とマーケティング―消費者主権と企業の影響力
第6章 工業化される食―安い食品にかかる高いコスト
第7章 グローバルフード―複雑化する食品供給網
第8章 食料アクセスの問題―余剰と不足が同時に起きている
第9章 食と社会変化―新たな価値を求めて

著者紹介

グプティル,エイミー[グプティル,エイミー] [Guptill,Amy E.]
ニューヨーク州立大学ブロックポート校社会学准教授。2004年、コーネル大学で社会学博士号取得。専門は食システムとコミュニティ

コプルトン,デニス[コプルトン,デニス] [Copelton,Denise A.]
ニューヨーク州立大学ブロックポート校社会学准教授。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校で社会学博士号取得。専門は食と健康の社会学

ルーカル,ベッツィ[ルーカル,ベッツィ] [Lucal,Betsy]
インディアナ大学サウスベンド校社会学教授。ケント州立大学で社会学博士号取得。専門はジェンダー論、近現代社会理論

伊藤茂[イトウシゲル]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「食」は社会の縮図である

私たちが毎日食べているものには、目に見えないさまざまな力関係が織り込まれている。包摂と排除、伝統と革新、工業化する食とオーガニックの流行、飽食と飢餓など、「食」にまつわるパラドクスを切り口に、複雑化する現代の食文化をとらえたユニークな「食の社会学」。人類学、社会学、地理学、政治経済学、歴史学の最先端の知見を総動員し、「食」を通して社会のあり方を読み解く。

第1章 食研究の原則とパラドクス
第2章 食とアイデンティティ──包摂と排除
第3章 スペクタクルとしての食──豪華ディナーと過酷な労働
第4章 栄養と健康──体によくてもおいしくない?
第5章 ブランド化とマーケティング──消費者主権と企業の影響力
第6章 工業化される食――安価な食べ物の隠れたコスト
第7章 グローバル・フード──複雑化する食品供給網
第8章 食糧アクセス問題──余剰と不足が同時に起きている
第9章 食と社会変化──新たな価値を求めて

【著者紹介】
ニューヨーク州立大学社会学准教授。専門は食システム。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件