マンガの食卓

個数:

マンガの食卓

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月01日 04時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757143166
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「おいしそう」には理由がある!

マンガに登場する“あの料理”は、なぜおいしそうに見えるのか?人気マンガのトラウマ料理から、グルメマンガの歴史や系譜図まで、「食」をキーワードにマンガを読み倒す!

【本書に登場するメニュー】

『ギャートルズ』のマンモスの肉
『男おいどん』のタテだかヨコだかわからんビフテキ
『ど根性ガエル』の梅さんの寿司
『包丁人味平』のブラックカレー
『伊賀野カバ丸』の焼きそば
『リトルフォレスト』のバケットサンド
『最強伝説 黒沢』のアジフライ
『ボーイズ・オン・ザ・ラン』のカップ焼きそば
『グラゼニ』の唐揚げチャーハン
『海街diary』のちくわカレーとしらすトースト
『3月のライオン』の唐揚げ
など全214作品

【著者紹介】
1964年生まれ。マンガ解説者。「朝日新聞」読書面コミック欄執筆中。著書に『現代マンガの冒険者たち』(NTT出版)、編共著に『消えたマンガ雑誌』(メディアファクトリー)などがある。

内容説明

食べたくなる、読みたくなる!!朝日新聞コミック欄執筆の著者によるおいしいマンガガイド!小池さんのラーメンから『銀の匙』の豚丼まで、「あのマンガ」の「あの料理」を味わいつくす。

目次

第1章 なぜ「あのマンガ」の「あの料理」はうまそうなのか(伝説の“トラウマ料理”が放つ魔力;“絵に描いたモチ”のシズル感に酔う;キャラクターの“大好物”に誘われて)
第2章 食事シーンはどのように描かれてきたか(食事シーンを描く作家、描かない作家;物語の小道具としての料理;フェティシズムとしての食;貧者の食卓)
第3章 グルメマンガはどこまで進化するのか(キッチンは戦場だ!;料理人というお仕事;「作る」より「食べる」主人公たち;食をめぐる人間ドラマ;実用レシピ付きストーリー)

著者等紹介

南信長[ミナミノブナガ]
1964年大阪生まれ。マンガ解説者。各紙誌でマンガガイド執筆。朝日新聞読書面コミック欄は10年以上続く連載となっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅわ

43
【図書館】マンガに登場するあの料理は、なんであんなにおいしそうなのか?『ギャートルズ』のマンモスの肉や小池さんのラーメンから最近のグルメ漫画まで、200以上の作品に登場する料理や食事シーンについて語りまくっている一冊です。ともかく、そのジャンルの手広さに唖然。知らない作品も多かったけど、興味深く読めました。“食べる”をあえて描く作家さんと、あまり重きをおかない作家さんの比較などは「なるほど!」とうなります。「食べたくなる、読みたくなる!!」との煽り文句通り、紹介されている料理&漫画を探してみたくなります。2014/07/30

Moemi

30
レシピ本かと思いきや、マンガガイドの本でした(笑)紹介されているマンガは古めのものが多いので読んだことがあるものは少なかったですが、見返しに付いているグルメマンガの系譜を見て『美味しんぼ』と『クッキングパパ』は読んでるぞー!とちょっぴり嬉しくなったり(地元の図書館に全巻置いてあるのです)『クッキングパパ』の主人公が料理好きであることがオープンになる場面を取り上げてくれていることも、ずっとその場面が何巻のお話だか思い出せないままだったので嬉しかったです。2017/02/14

22
読んでておなかすいちゃいます!包丁人味平のラーメン、おいしそうだったよなぁ2014/07/27

ようはん

13
第1章はラーメン大好き小池さんやチビ太のおでんといった割と有名所の食べ物の考察、第2章はあだち充作品と高橋瑠美子作品の食事描写の比較を始めとした名作漫画の食事描写の考察、第3章は料理漫画の歴史がメインとなる内容で登場する漫画作品も結構幅広い。所々に差し挟まれる各作品の食事描写のコマはやっぱり美味しそうに見えるのが多く充実した気持ちになる。2020/08/04

さくちゃん

10
グルメマンガはもちろん、それ以外のマンガの食事シーンなども含め、マンガに出てくる食の描写について色々なテーマでまとめた一冊。とにかく情報量が凄いの一言に尽きるのですが、ところどころ挿入されるマンガのワンシーンに描かれた美味しそうな料理描写の数々に、読んでみたいと思うマンガが続出。やっぱりグルメマンガ好きだなぁと再確認しました。2014/08/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7121015

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。