真横から見る現代<br> 都市の条件―住まい、人生、社会持続

個数:

真横から見る現代
都市の条件―住まい、人生、社会持続

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 16時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757142787
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0030

内容説明

“都市”をつくる“生き方の景観”。住まいのあり方は、人生の道筋にどのように影響するのか。人びとの生き方が変わり、より多様になった今、都市の成熟と持続に必要な条件を問い直す。

目次

第1章 住まいとライフコース
第2章 東京バブルスケープ
第3章 若者のライフスケープ
第4章 女性のライフスケープ
第5章 高齢者の住宅資産保有
第6章 住宅保障の論点

著者等紹介

平山洋介[ヒラヤマヨウスケ]
1958年生まれ。神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授。1988年神戸大学大学院自然科学研究科博士課程修了、2003年より現職。生活空間計画を専攻。東京市政調査会藤田賞、日本都市計画学会計画設計賞ほか受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

2
15-114 ゙生き方の景観゙ 空間と社会が開かれ、多くの人たちを受け入れる住まいのあり方は、人生の道筋にどのように影響するのか。若者、女性、高齢者など、都市で暮らす多様な人々の人生に、住宅システムが与える影響を緻密なデータ分析によって鮮やかに描き出す。・住まいとライフコース・東京バブルスケープ・若者のライフスケープ・女性のライフスケープ・高齢者の住宅資産保有・住宅保障の論点。ライフコース・ニュートラル…個人の゙ライフスキル゙ばかりを重視するイデオロギーではなく、社会形成のありかたの検討を要す。2012/01/22

takao

1
ふむ2019/11/02

1
日本の公的住宅は貧しく、民間賃貸住宅から分離したセクターを形成しており、公的住宅の民間賃貸住宅への影響力は乏しい。その状況では、民間賃貸住宅は劣悪で家賃の高いものとなる。そこで公的住宅の拡充によって、民間賃貸住宅との競合関係を形成し、その環境や家賃を改善する政策が必要となる。それによって、現代社会の弱者であり、公的援助の少ない、単身者や借家人、非正規労働者などを救済し、多様なライフスタイルを許容する社会をつくる。公的住宅が「市場対抗」の手段ではなく「市場利用」の仕組みとなるという点が重要なのだという。2013/01/24

ja^2

0
メインストリームがなくなりつつあるのは理解できるが、だからと言って社会賃貸住宅か?2012/01/25

近江

0
都市のうち最も重要といえるであろう人の住処、住宅について書かれた本。首都圏を中心に住宅と所得、既婚未婚、単身家族住まい、借家持ち家など各条件ごとの変遷をみつつ、持ち家志向の現象やその原因、若い世代が借りられるような賃貸の減少に政策が絡んでいることなどが数字を伴って書かれている。都市計画を期待すると肩透かしを食らうが、住宅に関しての入門書としては優良な一冊2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4237764
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。