真横から見る現代
自由の社会学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784757142572
  • NDC分類 309.1
  • Cコード C0030

内容説明

教育問題、知的財産権、アーキテクチャーからベーシックインカムまで。現代のさまざまな事象をもとに、私たちが真の意味で自由を実感できる社会を構想する。

目次

第1章 自由な社会はいかにして可能か?―自由の社会理論
第2章 虐げられた者への救済―「卓越(誇り)」原理その1
第3章 崇高なる魂への支援―「卓越(誇り)」原理その2
第4章 自由を生きる意味―「卓越(誇り)」原理その3
第5章 偶有性からの出発―「生成変化」原理その1
第6章 経済的誘因の構築―「生成変化」原理その2
第7章 人工市場の導入―「生成変化」原理その3
第8章 分散統治の術―「分化」原理その1
第9章 分散統治の補完術―「分化」原理その2
第10章 創造の核になる―「分化」原理その3

著者等紹介

橋本努[ハシモトツトム]
1967年東京生まれ。北海道大学大学院経済学研究科准教授。専門は、社会哲学。横浜国立大学経済学部卒業。東京大学綜合文化研究科相関社会科学専攻、課程博士号取得。日本学術会議連携会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。