概説GDPR―世界を揺るがす個人情報保護制度

個数:

概説GDPR―世界を揺るがす個人情報保護制度

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757123816
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0033

出版社内容情報

GDPR(EU一般データ保護規則)とは2018年5月より施行されたEUの個人情報保護法制度。2019年1月、フランスのデータ保護当局が、このGDPRへの違反があったとして、グーグルに5

内容説明

日本企業の大多数が欧州基準では「違法」になる。外国企業への制裁をためらわないEU規制にどう対応する?法務・ビジネス戦略担当、ECサイト運営者、必携。

目次

第1章 GDPRとは何か(GDPRはなぜ導入されたのか;GDPRの構成と規制対象;誰が影響を受けるのか)
第2章 GDPRの規制内容―本人の権利と管理者の義務(基本的な考え方;GDPRによって保護されている権利;管理者の義務)
第3章 法執行の仕組みと求められる具体的対応(執行体制;制裁措置;国内企業に求められる対応)
対談 GDPRと個人情報保護制度の行方

著者等紹介

小向太郎[コムカイタロウ]
日本大学危機管理学部教授。専門は情報法。1990年代初めから、情報化の進展によってもたらされる法制度上の問題をテーマとして幅広く研究を行う。早稲田大学政治経済学部卒、中央大学大学院法学研究科国際企業関係法専攻博士後期課程修了、博士(法学)。情報通信総合研究所取締役・法制度研究部長、早稲田大学客員准教授等をへて現職

石井夏生利[イシイカオリ]
中央大学国際情報学部教授。専門はプライバシー、情報法。東京都立大学(現首都大学東京)法学部卒、中央大学大学院法学研究科国際企業関係法専攻博士後期課程修了、博士(法学)。2004年11月以降、情報セキュリティ大学院大学助手、助教、講師、准教授、筑波大学図書館情報メディア系准教授を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuichi Tomita

4
再読。ようやくGDPRの基本的な構造、考え方が分かってきたくらいか。 やはり原文にあたらないとなと思う(ガイドラインまでは辛いなぁ)2022/02/07

Yuichi Tomita

4
タイトル通りGDPRの概要を解説したもの。 日本に住んでいると分かりにくいEU法(規則、指令、決定の違いどなど)から説明があり、前提知識の説明もしっかりなされている。 GDPRについても後書きにもあるようにかなり割り切って、各条項を細かく解説するというよりは、ひとまとまりてどのような事が定められているのかを解説してある。 良い点は、日本企業にどのような影響があるかを記載してあること。ガイドラインもリファレンスしてあり、原典を当たる前に解説を読んでおくと分かりやすいのではないか。2022/02/01

ちくわ

2
GDPRの入門本。本書の狙いとしては、法の専門家を対象としたものではなく、一般のビジネスパーソンを対象としたものだと思う。そういう理由からか、文章は極めて読みやすく、読んでいて詰まるというところはない。かといって、内容についても不正確というわけではなく、しっかりと説明すべきものは説明していると思う。個人的には、まずはこの本を読んで全体像を掴んでから勉強していくのが良いと感じた。オススメの本。2021/12/14

まさやん510

0
GDPR、そろそろしっかりカバーしておかないと、と思い読了。 細かな逐条解説ではなく、GDPRとは何か、GDPRの規制内容、法執行の仕組みと求められる具体的対応という章立てで、全体像をわかりやすく解説することが心がけられていて、とてもわかりやすかった。他にも詳しい書籍は多くあると思うが、最初の一冊としてぴったりだと思う。2022/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13935493
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。