デジタルが変えるアニメビジネス

個数:

デジタルが変えるアニメビジネス

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 234p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784757123564
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0060

内容説明

2006年をピークに売上が下降していった日本のアニメは、2013年以降は再び売上増の急成長期に入った。そして、2016年は空前の制作本数が予定されている。アニメ制作におけるデジタル化はアメリカから始まったが、日本にも浸透して新たな時代を迎えている。日米のテレビ文化・劇場文化、技術のあり方やプロダクションの制作現場を比較し、ネット配信など新たなメディアも考察して、日本のアニメのさらなる可能性を探る。

目次

第1章 史上最高売上後の2016年クライシス
第2章 アニメビジネスの歴史とデジタル化への道
第3章 アニメとマンガ
第4章 日本とアメリカのメディア生態系
第5章 アメリカがたどった3DCGアニメーションへの道
第6章 まったく変わるアニメビジネス
終章 すべてのアニメはCGになる

著者紹介

増田弘道[マスダヒロミチ]
1954年北海道生まれ。株式会社ビデオマーケット常勤監査役。社団法人日本動画協会事業委員会副委員長。法政大学卒業後、キティ・レコード入社、トドプレス(現ソトコト)、株式会社ブロンズ新社などを経て、2000年アニメ制作会社マッドハウス代表取締役、2005年株式会社ビデオマーケット取締役(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2017年に100周年を迎える日本のアニメが、次の100年に向かう未来産業のあり方を提示する。

アニメビジネスの未来はどうなる?

2005年をピークに売上が減少していった日本のアニメは、2013年以降は再び売上増の成長期に入った。そして2016年は空前の制作本数が予定されている。日米のテレビ文化・劇場文化や、技術やプロダクションを比較し、ネット配信など新たなメディアも考察して、日本のアニメのさらなる可能性を探る。2017年に100周年を迎える日本のアニメが次の100年に向かう「未来産業」としてのあり方を提示する。

第1章 史上最高売上後の2016年クライシス
第2章 アニメビジネスの歴史とデジタル化への道
第3章 アニメとマンガの関係
第4章 日本とアメリカのメディア生態系
第5章 アメリカがたどった3DCGアニメーションへの道
おわりに――未来産業としてのアニメ

【著者紹介】
1954年生まれ。株式会社ビデオマーケット監査役。著書に『アニメビジネスがわかる』『もっとわかるアニメビジネス』(ともにNTT出版)などがある。