人材の国際移動とイノベーション

個数:

人材の国際移動とイノベーション

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757123236
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

出版社内容情報

「グローバル人材」はどこへ向かうのか?

研究者・多国籍企業社員などの国際的に活躍する人々が、経済のイノベーションに関してどのような影響を及ぼしたか。また日本にとって国際的な人材の活用をどうしていくべきか。経済学やネットワーク理論、豊富なデータによって問題の所在を明らかにする。

第1章 高度人材の国際移動
 イノベーションと高度人材とは
 高度人材の国際的な移動の動向
 高度人材の国際移動の効果に関する一般的な議論
 高度人材流入の国内雇用への影響

第2章 知識創造のフレームワーク
 知識創造のモデル
 知識の移転・交換のネットワーク
 人材の国際移動と知識創造の関係

第3章 日本における外国人の受入れから知識創造へ:道筋と制度的課題
 日本の外国人受入れ政策と外国人統計
 外国人高度人材の雇用と活用
 外国人の受入れから知識創造へ

第4章 多国籍企業内の国際的な人材移動と知識移転
 日本企業の対外直接投資と海外派遣の動向
 研究開発のグローバル化
 日系多国籍企業における知識移転の実態
 日系多国籍企業内の派遣と知識移転の関係
 海外派遣をめぐる人材マネジメント上の課題

第5章 日本の頭脳流出と還流の効果:国際共同研究への影響
 海外在住の日本人研究者の国際共同研究
 日本人研究者の帰国後の貢献:ネットワークの観点から
 日本人研究者の帰国後の業績

第6章 研究者の国際移動による知識の普及:二国間から世界へ
 高度人材の国際移動のインセンティブ
 国による研究開発環境の違い
 国際移動から国境を越えた知識の普及へ

第7章 学生の国際移動
 学生の国際移動の動向
 世界の中の日本の大学
 日本の留学生政策
 大学から労働市場への移行

第8章 不確実性を超えるために
 不確実性への対処としてのイノベーション
 人材の国際移動はイノベーションにどのように関与するか
 人材の国際移動をイノベーションにつなげるために
 創造型経済を支える若者へ

【著者紹介】
早稲田大学政治経済学学術院教授。専門は労働経済学、国際資本移動。著書に『頭脳はどこに向かうのか』(日本経済新聞出版社)、『技術者の転職と労働市場』(白桃書房)がある。

内容説明

ネットワークから知識創造へ頭脳の移動は何をもたらすか。イノベーションを起こすために高度人材をどう活用するか。人材の国際移動の現状と課題を精緻に論じる。

目次

第1章 高度人材の国際移動(イノベーションと高度人材;国際的な移動の動向 ほか)
第2章 知識創造のフレームワーク(知識創造のモデル;知識の移転・交換のネットワーク ほか)
第3章 高度人材受入れの現状と効果を考える(日本の外国人受入れ政策と外国人統計;高度外国人材の雇用と活用 ほか)
第4章 多国籍企業内の人材移動と知識移転(日本企業の対外直接投資と海外派遣;研修開発のグローバル化 ほか)
第5章 頭脳流出と還流の効果―国際共同研究を例として(海外日本人研究者の国際共同研究;日本人研究者の帰国後のネットワーク ほか)
第6章 国際移動による知識の普及(国際移動のインセンティブ;国による研究開発環境の違い ほか)
第7章 学生の国際移動(留学先の選択;世界の中の日本の大学 ほか)
第8章 不確実性を超えるために(不確実性への対処としてのイノベーション;国際移動はイノベーションにどうのように関与するか ほか)

著者等紹介

村上由紀子[ムラカミユキコ]
早稲田大学大学院経済学研究科修了。早稲田大学政治経済学術院教授。博士(経済学)。過去に、大阪外国語大学専任講師、早稲田大学助教授、カリフォルニア大学バークレイ校・オックスフォード大学・マサチューセッツ工科大学の客員研究員を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件