CSV経営 - 社会的課題の解決と事業を両立する

個数:

CSV経営 - 社会的課題の解決と事業を両立する

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757123144
  • NDC分類 335.13
  • Cコード C0034

出版社内容情報

CSV=「共有価値の創造」の基本的な考え方、日本における実践例の紹介をとおして、社会とともに発展する企業活動のあり方を示す。

CSV(Creating Shared Value)=「共有価値の創造」とは、従来のCSRの考えかたを進化させた、企業と社会の両方に価値を生みだす企業活動を促進する次世代経営戦略。本書は、CSVの基本的な考え方、日本における実践例の紹介をとおして、社会とともに発展する企業活動のあり方を示す。

序 章 トヨタ東日本学園の設立が意味すること
第1章 次世代経営戦略としてのCSV
  1 そもそもCSVとはなにものか
  2 CSVの三つのアプローチ(基本コンセプトと事例)
  3 CSVをどう進めるか
第2章 すでに動き出している日本のCSV
 1 会員企業の取り組み事例
  2 会員企業以外のユニークな事例
第3章 地域発のCSVビジネス
  1 青森県は産官学連携のホットスポット
  2 人口減少と高齢化社会を見据えた富山市のまちづくり
  3 北九州市のスマートコミュニティ実証実験
第4章 明日の日本への道しるべ
  1 未来の子孫たちのために、新しい問いを立てるということ
  2 「分かち合いの経営=シェアード・バリュー」が未来を創る

【著者紹介】
ユニバーサルデザイン総合研究所代表取締役所長。著書に『自然に学ぶものづくり』(東洋経済新報社)などがある。