責任ある競争力―CSRを問い直す

個数:

責任ある競争力―CSRを問い直す

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月01日 05時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757123113
  • NDC分類 335.15
  • Cコード C0034

出版社内容情報

CSR研究の第一人者が2000年から現在までの企業社会の潮流を辿りつつ、これからの「企業と社会」のあり方を論じる。

CSRの新たな展開!

消費者の「企業の社会的責任」(CSR)への関心が高まり、企業は行動指針や戦略の策定において「企業そのものの価値をいかに向上させるか」「CSRをビジネスのプロセスにいかに組み込んでいくか」を最重要課題とするようになった。企業間競争において、CSRをいかに成功させるかがカギを握る。
本書は、CSR研究の第一人者が2000年から現在までの企業社会の潮流を辿りつつ、CSR調査などのデータを駆使し、これからの「企業と社会」のあり方を論じる。

第1章 責任ある競争力という問いかけ
1 CSRを問い直す
2 CSRと経営戦略
3 市場の成熟

第2章 持続可能な発展と企業の新しい役割
1 サステナビリティと企業
2 金融危機後の動き
3 ISO社会的責任規格の意義

第3章 責任あるビジネスの構築
1 CSR経営の制度化と課題
2 日本企業の取り組み
3 ステイクホルダー・エンゲージメント

補論 企業と社会――学問としての制度化と課題

【著者紹介】
1955年生まれ。早稲田大学商学学術院商学部教授。「企業と社会フォーラム」(JFBS)会長。著書に『CSR』(NTT出版)、編著書に『SRIと新しい企業・金融』(東洋経済新報社)などがある。

内容説明

企業は、CSRへの対応を経営戦略に組み込み、社会的・環境的な課題にイノベーティブに取り組むことによって、市場で優位性を得て、競争力につなげていくことができる。企業は、経営のあり方においても、新しい製品・サービスの開発においても、サステナビリティの概念を組み込んでいくことが重要な課題になっている。そしてそれは、消費者、投資家、金融機関等がCSRを評価する成熟した市場の中で成り立つサステナビリティの課題は、企業と市場社会の相互関係性から理解していく必要がある。グローバル化した世界で持続可能な発展を達成するには。イノベーションをもたらす新しいCSR経営の本質を説く。

目次

第1章 責任ある競争力という問いかけ(CSRを問い直す;CSRと経営戦略;市場の成熟)
第2章 持続可能な発展と企業の新しい役割(サステナビリティと企業;金融危機後の動き;ISO社会的責任規格の意義)
第3章 責任あるビジネスの構築(CSR経営の制度化と課題;日本企業の取り組み;ステイクホルダー・エンゲージメント)
補論 企業と社会―学問としての制度化と課題

著者等紹介

谷本寛治[タニモトカンジ]
早稲田大学商学学術院商学部教授。1955年大阪市生まれ。1984年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。1989年経営学博士(神戸大学)。和歌山大学経済学部教授などを経て、1997年一橋大学商学部教授、2000年一橋大学大学院商学研究科教授。2012年より現職。2011年企業と社会フォーラム(JFBS)会長。専門は、企業システム論、「企業と社会」論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

miohaha

4
年末に受講したセミナーで紹介された本。CSRのグローバルな潮流が、ぎゅっと1冊に納められています。70年代のブームから、現代までを網羅しつつ、事例も交えて読みやすくまとまっています。担当も長くなるとこうした経緯も踏まえた知識を新任者に伝えるのがなかなか難しいのですが、この1冊を読めば引き継ぎはかなり楽かも…。具体的な予定はありませんが。2014/01/28

kenji08421

0
課題用 下読み→必要なところだけ精読

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6424842

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。